開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/01/16

世界のスマートホーム市場は日本と中国がけん引、2030年には4000億米ドル規模に

コンサルティングファームのA.T. カーニーは16日、スマートホームに関する調査報告書の日本語版を公開した。この報告書では、世界全体でのスマートホームの市場規模は現在150億米ドルだが、2020年までに500億米ドル、2030年までに4000億米ドルまで拡大すると予測している。世界におけるスマートホーム市場の概況と、今後のスマートホーム市場拡大を促進する「4つの要因」を紹介しよう。

photo
スマートホーム市場は2030年までに4000億米ドルまで拡大
(© GKSD – Fotolia)


世界のスマートホーム市場、2030年までに4000億米ドル規模に

 スマートホームに関する調査報告書「The Battle for the Smart Home: Open to All(スマートホームビジネス勝利への条件)」では、アジアでの市場拡大の推進力となるのは中国と日本であり、この二か国と深く結びついたシンガポール、韓国、台湾などの経済圏が重要な役割を果たすことを示唆している。

 同報告書を共同執筆した、A.T. カーニー(ムンバイ・オフィス)パートナーNikolai Dobberstein氏は「日本はスマートホームの浸透という点で、すでに世界でも上位5位のうちに入っている」と説明。高齢化の進行に伴い、各家庭での健康関連のソリューションの需要を掘り起こすことで、今後引き続き市場の成長が見込めるとしている。

 また、中国では収入の上昇した家庭が飛躍的に増えており、また国内に製造業とテクノロジーの強固なエコシステムがあることから、さらに大規模な市場発展の余地があるという。さらに韓国、台湾、そしてシンガポールでも、高収入家庭の割合や各経済圏でのデータ接続率の高さから、スマートホームの浸透がさらにいっそう進むと予測している。

画像
スマートホーム市場は2020年以降、爆発的に成長するとの予測も
(出典:A.T.カーニー調査)


スマートホーム市場拡大を促進する「4つの要因」とは?

 また同報告書では「スマートホーム=インターネット接続され外から容易にコントロール可能な『家』」というアイディアがアジアで現実になりつつある背景として、市場拡大を促進する以下4つの大きな流れを紹介している。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!