ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年03月31日

GW旅行者「4割超は1か月以上前に予約済」 旅行サイトがマーケ投資すべきタイミングとは

新年度に近づいてくると、職場内で「GWの予定はどうする?」といった会話が飛び交うようになる。実際クリテオが実施した調査によれば、GWや年末などの大型連休の際には、1か月以上前に旅行を予約するユーザーが45〜55%もいるという。となると旅行サイトは、集客のための施策やエンゲージメント活動は、旅行シーズンに照準を当ててWebマーケティングの施策を打っても間に合わない。重要なのは、早い段階から継続的に目に触れる機会を増やしてユーザーの心をつなぎとめておき、コンバージョンに至るように働きかけることだ。

photo

旅行業界のマーケティングジャーニー構築を成功させるには

(© kumashacho – Fotolia)


GWまで1か月、旅行サイトは7月を見据えたマーケ投資が重要に

 激化するオンライン旅行会社「OTA(Online Travel Agency)」の競争を勝ち抜くには、適切なマーケティング戦略を立案、実行しなければならない。そのためにも、旅行者の行動傾向を知ることは非常に大切である。

 一人ひとりの興味、関心に合わせて最適化されたオンライン広告を提供するソリューションを提供しているクリテオが実施した調査によれば、旅行者は次の3つのタイプに分類できるという。

(1)早期予約者:1か月以上前に予約
(2)通常予約者:10日から30日前に予約
(3)直前予約者:0日から9日前に予約

 次の図は、それぞれのタイプの旅行者が「旅行を検討しはじめる時期」を示したグラフである。

photo
(クリックで拡大)

旅行者を3つのタイプに分け、それぞれの検討開始時期をみると、GWや夏休みは1か月以上前に予約していることが分かる


 年末やゴールデンウィークなど大型連休の際は、約1か月以上も前から検討を開始する早期予約者が約5割を占め、通常時期よりも早期予約者が増えることが分かる。この結果は、よく旅行する方にとっては感覚的に納得できるだろう。

 2017年で備えるべき大型連休は、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、年末年始の4つの時期である。これらの約1か月前から旅行検討者が検討を開始できる環境を整備しておくことが、旅行サイトにおけるマーケティング施策実行のポイントになる。

photo
(クリックで拡大)

2017年に備えておくべき大型連休は、4月29日〜5月4日の「ゴールデンウィーク」、8月1日〜31日の「夏休み」、9月15日〜18日の「シルバーウィーク」、12月22日〜1月3日の「年末年始」の4つ


 旅行者の予約パターントレンドをみると、訪問者と予約件数が1年で最も多いのは「7月」であった。旅行のピークシーズンであるゴールデンウィークや年末を見据えて、早い段階から集客を行うことで、旅行検討者に的確にコミュニケーションを行えるようになると言える。

 もうすぐ新年度を迎える現段階では、すでに多くのユーザーが旅行先を検討している可能性がある。そこで、訪問者と予約件数が一年で最も多い7月を見据えて、早い段階から集客のための投資を行うことが重要になりそうだ。

photo
(クリックで拡大)

旅行者は7月をピークに、年間を通して平均的に旅行サイトを利用している


 2016年における旅行者が予約に至るまでの経路データをみてみよう。まず、予約する際の端末はデスクトップPC経由で旅行予約するユーザーが減る傾向にあるのに対し、モバイル経由で旅行予約するユーザーは、年初の35%から年末には44%に増えている。

photo
(クリックで拡大)

旅行サイトでの予約に利用されたデバイスの44%がモバイル経由


 クリテオが実施したオンライン調査の結果によると、コンバージョンに至るユーザーのうち、旅行サイトを週3回以上訪問するユーザーは全体の約50%。毎日のようにサイトを訪れるユーザーだけを見ても全体の32%となった。

 さらに、6つ以上の旅行サイトを比較検討しているユーザーのコンバージョン率は、1つの旅行サイトしか閲覧していないユーザーの4.7倍に上る。

【次ページ】旅行業界のマーケターがすべき施策へのアドバイス

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのセミナー

一覧へ

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのトピックス

一覧へ

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング