開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2018/01/17

物流トラックドライバーは10年後に24万人不足、しかし有効な対策もない状況

ボストン コンサルティング グループ(BCG)が2017年10月に発表した、2027年の日本のトラックドライバーの労働力需給の将来予測によると、日本の物流トラックドライバー数が24万人足りなくなるという。調査では、昨今の物流業界の危機的状況を踏まえ、日本の物流業界についての懸念や変化の要因を紹介している。

photo
10年後、日本でトラックドライバーが24万人足りなくなるという
(© キャプテンフック – Fotolia)


2027年には、日本の物流トラックドライバーが24万人足りなくなる

 調査によると、日本では2027年に物流トラックドライバーの労働力が現在から13万人分増加し、96万人分必要となるのに対し、供給は72万人分しか見込めず、24万人分の労働力が不足すると推計している(図1)。

画像
図1:物流トラックドライバーは、10年後に24万人不足する見込み
(出典:ボストン コンサルティング グループ)


自動運転車の活用や再配達対策では、増加する労働力需要を吸収しきれない

 BCGでは、変化の要因として「荷物量の増減」「積載効率の低下」「モーダルシフトの進展」「規制緩和による代替」「再配達の減少」「幹線の自動運転化」「ドライバーの労働環境改善」の7つの要素を取り上げ、それぞれについて需要の変化を分析した。

 その結果、ドライバーの労働環境改善により9万人分、荷物量の増減により7万人分、積載効率の低下により2万人分のトラックドライバーの労働力が新たに必要になると推計した(図2)。

画像
図2:物流トラックドライバーの労働力の需要と供給に影響のある要素とその前提
(出典:ボストン コンサルティング グループ)


 しかし、幹線道路での自動運転車の活用やモーダルシフト、再配達対策等では、労働力需要の増加を2割しか吸収できない計算となる。

 その一方で、少子高齢化や職業としてトラックドライバーを選択する人の割合が減少することにより、2017年現在は83万人であるトラックドライバー人口は、2027年には11万人減少し、72万人になると推計している。

運輸業・郵便業 ジャンルのトピックス

運輸業・郵便業 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!