開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/11/20

ラリー・エリソンが明かす「Gen2 Cloud」(第二世代クラウド) 従来との違いは?

米オラクルは年次イベント「Oracle OpenWorld」をサンフランシスコで開催しました。基調講演に登壇した同社CTO兼創業者のラリー・エリソン氏は、同社が「Gen2 Cloud」(第二世代クラウド)と呼ぶ、同社の最新クラウドデータセンターがセキュリティ面を重視して構築されたことを強調し、その内部を紹介しました。

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo

 Gen2 Cloudは基盤から構造が見直されて構築されたものであり、「突破困難な防壁」と「自律型ロボット」の2つによって守られているとエリソン氏。

 突破困難な防壁は物理的な分離や独立したネットワークによって実現し、自律的なロボットによって人手よりも高速に脅威を発見、撃退することを実現。

photo

 従来のクラウドでは、インテルのコモディティサーバを複数の顧客が共有して利用し、かつクラウドやサーバを制御するためのコードも同じサーバで実行されており、これが問題だったとエリソン氏は指摘。

 そこでGen2 Cloudではベアメタルサーバを顧客が占有することとし、なおかつクラウドコントロール用のコンピュータはそれとは独立した非インテルマシンにすることで、顧客のワークロードやデータを物理的に分離すると。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!