開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2019/10/16

Windows 10に「すべてお任せ」はダメな理由 安定性を望むなら「人柱」になるな

連載:山市良のマイクロソフトEYE

Windows Updateで何かしらのトラブルに巻き込まれた経験がある方なら、Windows Updateで提供される品質更新プログラムの品質、あるいはその更新を必要とするWindowsそのものの品質に良い印象は持たないでしょう。特に、Windows 10になってから、そう感じる人は少なくないはずです。

フリーライター 山市 良

フリーライター 山市 良

IT 専門誌、Web 媒体を中心に執筆活動を行っているテクニカルライター。システムインテグレーター、IT 専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。雑誌やWebメディアに多数の記事を寄稿するほか、ITベンダー数社の技術文書 (ホワイトペーパー) の制作やユーザー事例取材なども行う。2008年10月よりMicrosoft MVP - Cloud and Datacenter Management(旧カテゴリ:Hyper-V)を毎年受賞。岩手県花巻市在住。
主な著書・訳書
『インサイドWindows 第7版 上』(訳書、日経BP社、2018年)
『Windows Sysinternals徹底解説 改定新版』(訳書、日経BP社、2017年)
『Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版』(日経BP社、2016年)
『Windows Server 2012 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2014年)
『Windows Server 2012テクノロジ入門』(日経BP社、2012年)
『Windows Server仮想化テクノロジ入門』(日経BP社、2011年)
『Windows Server 2008 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2009年)
など

photo
安定性を望み、面倒を回避したいなら、Windowsにすべてお任せではダメ
(写真:ロイター/アフロ)

品質更新プログラムの品質問題

 Windows 10の「品質更新プログラム」は累積的なものです。過去の修正が新しい品質更新プログラムに累積され、古い品質更新プログラムは新しいものに置き換えられます。それは、毎月第2火曜日(日本ではその翌日)に新たなセキュリティ修正を含む品質更新プログラムとして定例でリリースされ、Windows Updateなどを通じて提供されます。

 その翌週、または翌々週には、新たなセキュリティ修正を含まない、新たなバグ修正のみを累積したオプションの品質更新プログラムが提供されます。そして、半年に1度は、事実上のアップグレードである、Windowsの新バージョンが「機能更新プログラム」という名前で同じWindows Updateを通じて提供されます。

関連記事

 Windows 10の品質更新プログラムの目的は、Windows 10のセキュリティ問題や機能の改善、バグ修正によるセキュリティ、パフォーマンス、安定性の向上であるはずです。しかしながら、Windows 10が登場して4年以上経過してもなお、「安定性が増した」と感じている人は多いとは思えません。

 なぜなら、毎月の品質更新プログラムが新たな既知の問題を作り出し、パフォーマンスが逆に低下したり、ネットワーク接続が失われたり、特定の機能が動かなくなったり、最悪の場合、システムが起動不能になったりすることが度々繰り返されてきたからです。そして、1つのバージョンでパフォーマンスや安定性を得たと感じる間もなく、新たなバージョンが登場し、また同じようなことが繰り返されることになるからです。

 マイクロソフトは、各品質更新プログラムに対応したサポート情報を公開し、修正された問題や、既知の不具合について報告しています。しかし、必ずしもすべての既知の問題が公開されているわけではありません。

 そのことは、品質更新プログラムごとに未公開の問題の修正が含まれていることから分かります(不具合の修正の多くは、第2火曜日の品質更新プログラムではなく、そのプレビューという位置付けの、1つ前のオプションの品質更新プログラムのサポート情報で説明されています)。

 マイクロソフトに品質更新プログラムの品質について、「ちゃんとテストした上でリリースしているのか」と問えば、きっと「テストしている」と答えることでしょう。しかし、利用者が満足できる品質を満たすテストなのかというと、そうとは思えません。

 新たな品質更新プログラムがリリースされた直後、あるいは数日後に、新たな既知の問題が増えていく状況をこれまで何度も見てきました。品質更新プログラムの品質のかなりの部分は、利用者からのフィードバック(自動的な診断データの送信を含む)に依存しているのは間違いないでしょう。

正常性ダッシュボードで安心感は増した?

 マイクロソフトは、Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)のリリースに合わせ、更新プログラムのリリース情報のページを刷新し、ロールアウト状況や既知の問題とその状況をまとめた「Windowsリリース正常性ダッシュボード(Windows release health dashboard)」(英語のみ)として案内するようになりました。たとえば、Windows 10バージョン1903およびWindows Server, version 1903のダッシュボードは以下のページになります(画面1)。

画像
画面1:Windows 10バージョン1903向けの「Windows release health dashboard」ページ

 このページ内に「Windows release health dashboard」という表現は登場しないことは置いておいて、どのバージョン向けのページを見ても、既知の問題が多数報告され、その修正がイタチごっこで行われている状況が見て取れます。

 リリース直後に既知の問題として追加され、次の品質更新プログラムで修正されるものもあれば、数カ月前の品質更新プログラムからの問題や、新バージョンのRTM時点から存在する不具合が、数カ月後に既知の問題として報告されているものもあります。

 機能更新プログラムの場合、セーフガード(Safeguard)として、互換性問題があるデバイスに対しては自動配布をブロックする措置がとられますが、それはいち早く手動で更新したユーザーや、自動配布後に発覚した問題に対して、後から対策がとられたもので、「一部のユーザーの犠牲」の上で行われたことです。

 Windows 10バージョン1903およびWindows Server, version 1903のダッシュボードでは、2019年9月26日(米国時間)にWindows 10バージョン1903がブロード展開されたことが宣言されています。5月のリリースから4カ月後のことです。この宣言を待って、安定版が利用可能になったと判断する人もいるでしょう。

Windows 10, version 1903 and Windows Server, version 1903
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-1903

 しかし、本当にそうなのでしょうか。安定することがないまま、新バージョンがリリースされる状況が繰り返されているように感じてなりません。

【次ページ】既定の設定にすべて任せると、アップデートが自動的にインストールされてしまう

お勧め記事

OS ジャンルのセミナー

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!