• 会員限定
  • 2024/03/19 掲載

マイクロソフトCEOナデラ氏が重視する「3視点」、就任から時価総額10倍にできたワケ

連載:企業立志伝

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
マイクロソフトの躍進が止まりません。1975年に創業した同社は1990~2000年代に「Windows」で業界の圧倒的な覇者となりますが、アップルが2007年にiPhoneを発売して以降、モバイル革命に乗り遅れ「過去に繁栄した企業」となりつつありました。しかし、2024年1月には時価総額が初めて3兆ドル(約440兆円)を超えるまでの大復活を遂げたわけですが、ここに至るまでには、3代目CEOサティア・ナデラ氏の活躍があります。CEO就任から10年で企業価値を10倍にし、眠れる獅子を完全復活させたナデラ氏の半生から「成長に必要な視点」を学びます。
経済・経営ジャーナリスト 桑原 晃弥

経済・経営ジャーナリスト 桑原 晃弥

1956年広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒。業界紙記者を経てフリージャーナリストとして独立。トヨタからアップル、グーグルまで、業界を問わず幅広い取材経験を持ち、企業風土や働き方、人材育成から投資まで、鋭い論旨を展開することで定評がある。主な著書に『世界最高峰CEO 43人の問題解決術』(KADOKAWA)『難局に打ち勝った100人に学ぶ 乗り越えた人の言葉』(KADOKAWA)『ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則』(朝日新聞出版)『「ものづくりの現場」の名語録』(PHP文庫)『大企業立志伝 トヨタ・キヤノン・日立などの創業者に学べ』(ビジネス+IT BOOKS)などがある。

大企業立志伝 トヨタ・キヤノン・日立などの創業者に学べ (ビジネス+IT BOOKS)
・著者:桑原 晃弥
・定価:800円 (税抜)
・出版社: SBクリエイティブ
・ASIN:B07F62BVH9
・発売日:2018年7月2日

photo
マイクロソフト再生の立役者、サティア・ナデラ氏の半生に学ぶ
(写真:AP/アフロ)

ナデラ氏の基礎、クリケットで学んだ「人生の3原則」

 サティア・ナデラ氏は1967年、インドのハイデラバードで生まれています。父親はインド行政職(IAS)で働く公務員、母親はサンスクリット語の学者で、父親の仕事の都合で幼少時代には何度も引っ越しを経験したようです。

 当時のインドでは、IASの試験に合格すれば一生安泰だと考えられていましたが、ナデラ氏自身は両親から勉強を強制されることはなく、勉強はするけれども、それ以上にクリケットに熱中。学校の代表としてプレーするほどクリケットが得意な少年でした。

 ナデラ氏は、著書『Hit Refresh』でクリケットから大切な3つの原則を学んだと記しています。

第1の原則:おじけづき、ためらってしまうような場面でも気迫と熱意で立ち向かう
第2の原則:自分個人の成績や評判よりも、チームを第一に考える
第3の原則:自分が率いているメンバーの自信を高めること、それこそがリーダーの一番の仕事

(『Hit Refresh』p58~p61)

 いずれもナデラ氏の人生における大切な原則となっていますが、転機は15歳の時に訪れます。

「そうすれば人生に失敗しない」学生時代に導き出した“軸”

画像
サティア・ナデラ氏の経歴をまとめた年表
(出典:各種資料から整理)
 インド全域から集まった学生が寄宿生活を送りながら学ぶ「ハイデラバード・パブリックスクール」で学んでいたナデラ氏は、相変わらずクリケットに熱中していたものの、父親からシンクレア・リサーチ社の「ZX Spectrum」というコンピューターをプレゼントされたことで、ソフトウェアやエンジニアリングにも関心を持つようになります。

 その後、インドの子どもたちが憧れるインド工科大学の入学試験には失敗、マニパル工科大学の電気工学部に入学します。そこはクリケットには不向きだったため、ナデラ氏は在学中にクリケットをやめますが、代わりに起業家精神あふれる友人たちと出会ったことで、「コンピューターが自分にとって最も大切なものになった」と後に振り返っています。

 当時、ナデラ氏は自分の将来についてこう考えていたようです。

「自分の好きなことをしていれば、ベースは自(おの)ずと決まる。自分が楽しいと思うことを、よこしまな目的に左右されず、心を込めてしっかりとやる。そうすれば、人生に失敗することはない」
(『Hit Refresh』p37)

 大学を卒業したナデラ氏は、南イタリアのポンペイにある有名な生産工学研究所に入所するか、米国の大学に進むかで迷いますが、幸いにもビザが下りたことで、米ウィスコンシン大学のコンピューター科学の修士課程へと進みます。1988年、21歳の時です。 【次ページ】グーグルCEOら輩出した名門企業を経てマイクロソフトへ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます