開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/01/17

写真で感じる時宗総本山 遊行寺の魅力

小堀哲夫のオフィス探訪

神奈川県藤沢市にある時宗の総本山 清浄光寺。「遊行寺」としても知られる。同寺の宝物館では11月上旬まで特別展「真教と時衆」が開催され、時宗の宗祖 一遍上人の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」などが公開された。この特別展を監修した東京大学大学院 人文社会系研究科 准教授 高岸輝氏と建築家 小堀哲夫氏が同寺を訪問し、対談を実施。それに先立ち、遊行寺宝物館館長 遠山元浩氏が境内と宝物館を案内した。

撮影:編集部 伊藤孝一、構成:編集部 佐藤友理

撮影:編集部 伊藤孝一、構成:編集部 佐藤友理

画像
遊行寺宝物館館長 遠山元浩氏(左)、東京大学大学院 人文社会系研究科 准教授 高岸輝氏(中)、建築家 小堀哲夫氏(右)



全体図

画像
遊行寺境内
(画像提供:時宗総本山 遊行寺)

大銀杏

画像
遊行寺宝物館の目の前にある大銀杏。取材の約3週間前に台風19号が藤沢市に上陸し、大銀杏もダメージを受けた
画像
樹皮がはがれ、露になった木の中には、無数の木の根が見える
画像
画像

本堂(外)

画像
本堂。純粋な木造建築物としては関東最大だという
画像
画像
画像

本堂(中)

画像
画像
本尊は阿弥陀如来坐像
画像
後光厳天皇の勅額「清浄光寺」。ここでは寺の字の下の「寸」が45度傾いた形で書かれている
画像

鐘楼

画像
画像

宇賀神社

画像
宇賀弁財天が祀られる宇賀神社
画像

【次ページ】供養塔への道、遊行寺宝物館

お勧め記事

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのトピックス

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!