• 会員限定
  • 2019/12/11 掲載

【ITRが調査】企業は本当に5GとIoTに取り組んでいるのか?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
IoT、AI、5Gネットワークといったテクノロジーが実現レベルで到来し、今はまさに大きな時代の転換期にあるといえる。そうした中で、日本企業はどのような戦略を取るべきか。ITR チーフ・アナリスト マーク・アインシュタイン氏が、海外を含めた最新テクノロジーの活用動向とともに、国内でも萌芽期に差しかかったデジタル・イノベーションの事例を紹介する。
執筆:フリーランスライター 吉田育代

執筆:フリーランスライター 吉田育代

企業情報システムや学生プログラミングコンテストなど、主にIT分野で活動を行っているライター。著書に「日本オラクル伝」(ソフトバンクパブリッシング)、「バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日 」(ソフトバンクパブリッシング)、「まるごと図解 最新ASPがわかる」(技術評論社)、「データベース 新たな選択肢―リレーショナルがすべてじゃない」(共著、英治出版)がある。全国高等専門学校プログラミングコンテスト審査員。趣味は語学。英語と韓国語に加えて、今はカンボジア語を学習中。

画像
ITR チーフ・アナリスト マーク・アインシュタイン氏

今や大半の企業に何らかのIoTプロジェクトが存在

 ITRが行ったIoT導入動向調査の結果(回答件数407)によると、今や大半の企業に何らかのIoTプロジェクトが存在するという。その66%は、より多くの投資をIoTに振り向けたいと考えている。

画像
IoT予算の増減予想
(出典:ITR)

 その投資規模も、現在は1~20億円未満が中心だが、 3年後予想には80億円以上という企業も11%存在する。現在、最大の投資対象となっているのはIoTプラットフォーム(57%)であり、それに続くのが「3G/4G/5G」(39%)、「AI/マシンラーニング」などだ。

画像
IoTプロジェクト規模
(出典:ITR)

画像
IoTで投資したい分野
(出典:ITR)

「『自社のIoTサービスに使用されているテクノロジーは何か』という項目は、毎年調査しています。IoTプラットフォームが最も多いのは変わりませんが、『AI/マシンラーニング』が上位になったのは新しい変化です。こうした形でのデジタルトランスフォーメーションが始まっています」(アインシュタイン氏)

 では、なぜIoTに力を注ぐのか。その理由を示したのが次の図だ。

画像
IoTを実装する動機
(出典:ITR)

 47%が「従来方式では収集できなかった新たな種類の情報・データを得るため」、41%が「従来方式よりも高頻度で情報・データを収集するため」と答えている。

画像
企業向けIoTサービスで意図する機能
(出典:ITR)

 では、それをどのような分野に期待しているのか。これは企業によってさまざまだが、12%と最も多かったのが「モノ(物流・在庫)のトラッキング」で、「工場生産の最適化」が9%で続く。今まで獲得できなかったデータをセンサーで取得することで、さまざまなエネルギーコストを下げていこうという企業の姿勢が見てとれるようだ。

画像
IoT活用に関する課題
(出典:ITR)

 その一方で課題も存在する。最も懸念されているのは「IoTに関する社内スキルの不足」(47%)だが、同氏は「組織の壁」と「セキュリティ」もあなどれないテーマだと指摘する。

「誰がIoTプロジェクトをけん引していくのか。ITなのか、マーケティングなのか、それとも業務部門なのか。きちんとした答えはありません。また、IoTセキュリティに関しても、ハッキングされたことが『ない』といえるのは48%にとどまります。活発ではありますが、将来に向けてIoTにはたくさんの課題が山積していることも事実です」(アインシュタイン氏)

主要なテクノロジー7種の中でも、注目すべきは5Gネットワーク

 次にアインシュタイン氏は、デジタルトランスフォーメーションで注目されるテクノロジーとして、次の7つを取り上げた。

・5Gネットワーク
・AI
・ロボティクス
・xR(VR、ARなどの総称)
・バイオメトリクス
・エッジコンピューティング
・デジタルツイン

 その中でも同氏が最も強調したのが、5Gネットワークだった。この領域で一歩リードしているのが中国、韓国で、すでに実用化されている。

 アインシュタイン氏は、北京やソウルに出かけてデバイステストを試みたところ、3Gビット/秒をマークしたそうだ。中国では、5Gネットワークの広帯域・低遅延という特長を生かした遠隔手術も実現し、3000km離れて5Gを使って手術が行われた。

【次ページ】顔画像をめぐるバイオメトリクスが進み、希少疾患の診断も可能に

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます