開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/08/18

アジャイル開発の管理ツール(EAPツール)を解説、AtlassianやServiceNowなど16社とは

DXに取り組む企業のソフトウェア開発では、重厚長大なウォーターフォール型開発ではなく、短い期間で検証とリリースを繰り返すアジャイル開発手法を大規模開発でも採用するケースが増えている。とはいえ、アジャイル開発特有の難しさもあり、工数や計画と実績の差異の把握など、プロジェクトの管理はウォーターフォール型以上に難しい。こうした課題に対応できるのが、企業向けアジャイル開発計画ツール(Enterprise Agile Planning Tools:EAPツール)だ。ここではアジャイル開発の基本やメリットから、AtlassianやGitLab、ServiceNow、マイクロソフト、IBMなどの商用ツールベンダーまで幅広く解説していこう。

執筆:友永 慎哉

執筆:友永 慎哉

製造業向け基幹系システムの開発を経験後、企業ITの編集、ライター業に従事。ファイナンス、サプライチェーンなど、企業経営の知識を軸にした執筆に強みを持つ。インダストリー4.0など新たな技術による製造業の世界的な変革や、Systems of Records(SoR)からSystems of Engagement(SoE)への移行、情報システムのクラウドシフトなどに注目する。GAFAなど巨大IT企業が金融、流通小売り、サービスといった既存の枠組みを塗り替えるなど、テクノロジーが主導する産業の変化について情報を収集・発信している。

画像
アジャイル開発とウォーターフォール開発の違い。管理手法も大きく異なる

アジャイル開発とは何か

 アジャイル開発の「アジャイル」とは、すばやい、俊敏といった意味だ。システム開発の際に起きるさまざまな状況の変化に対応しながら開発を進める手法である。

 アジャイル開発は、チームを結成して要件定義、設計、開発、テスト、リリースという開発プロセスを、小さいサイクルで繰り返す。小さいサイクルで繰り返す手法のため、開発期間中の仕様変更にも対応しやすい。結果として、最新のビジネスニーズに即した機能を柔軟に開発できるようになる。

 もともと、アジャイル開発は、2001年に米国ユタ州に17人の技術者およびプログラマーが集まり、ソフトウェア開発の主義や手法について議論。それを以下の「アジャイルソフトウェア開発宣言」として纏めた。

私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手助けする活動を通じて、よりよい開発方法を見つけだそうとしている。この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。プロセスやツールよりも個人と対話を、包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、契約交渉よりも顧客との協調を、計画に従うことよりも変化への対応を価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。



アジャイル開発のメリットとデメリット

 アジャイル開発の最大のメリットは、計画段階で綿密な仕様を決めないことで、開発途中であっても、ユーザーと密に連絡を取りながら、仕様変更や機能追加を柔軟に実行できることにある。これにより、不具合が発生した際でも戻る工程が少なく済む。

 一方、ウォーターフォール開発ではプロジェクト開始時に決まった設計、計画に沿うため、途中で不具合が発生すれば「最初からやり直し」になる可能性もあることとは対照的だ。

 また、開発の途中でユーザーにフィードバックし、確認しながら進められるため、仕様変更や追加などに対応しながら、ユーザーの要望に最大限に応えられる。

 さらに、アジャイル開発では、対面のコミュニケーションで意思疎通するため、文書の量を減らせるといったメリットが挙げられる。

photo
アジャイル開発が一般化してくるとともに管理手法も高度化している
(Photo/Getty Images)

 もちろんデメリットもある。開発プロジェクト開始時に詳細な仕様を決めないため、開発の方向性が定まらずに失敗する可能性がある。

 また、顧客ニーズに対応して変更を繰り返しているうちに、事後的に致命的な仕様ミスが発生するリスクもあるだろう。また、厳密な計画を立てないため、プロジェクト管理が難しくなり、納期を守れなくなるケースも出てくる。

【次ページ】アジャイル開発ツールベンダー16社

開発総論 ジャンルのトピックス

開発総論 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!