開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/02/26

VTuberが「メタバースのキラーコンテンツになる」と言い切れる理由

連載:根岸智幸のメタバースウォッチ

本日2022年2月26日、VTuberのパイオニア「キズナアイ」がラストライブを行い、次のアップデートのために無期限活動停止となる。YouTubeのスパチャ(投げ銭)ランキングで「ホロライブ」が世界トップ10のうち9つを独占しながら1位の「潤羽るしあ」は突然の契約解除。それでも、VTuberシーンの加速は止まらない。今回はVTuberがなぜこれほど盛り上がっているのか、メタバースのキラーコンテンツになりうる理由などを考察していこう。

執筆:根岸 智幸

執筆:根岸 智幸

1963年生まれ。Webコンサルタント、プロデューサー、編集者、ライター、エンジニア。90年代のIT雑誌を皮切りにWebクチコミサイト、SNS、電子書籍出版システム、ニュースメディアのグロースなどで、時代を先取りしてきた。

画像
2020年に行われたVTuberによるライブの様子、23名のホロライブメンバーが3万人近くを集めた
(出典:カバー)

急拡大するVTuberシーン

 VTuberとは「バーチャルYouTuber」の略称で、生身の人間の代わりに日本のアニメ風CGなどで描かれたキャラクターを操作して演じるYouTuberのことだ。

 最近はYouTube以外のプラットフォームで配信を行う「バーチャルライバー」(Vライバー)もいる。

 草分けは2016年にデビューしたキズナアイで、2018年以降に一般のマスコミからも注目を集め出し、VTuberの数も増加。2021年10月に1万6000人を超えた(ユーザーローカル調べ)。

画像
VTuber人数の推移
(出典:ユーザーローカル調べ)

 2010年代のアイドル戦国時代でも、女性アイドルは全国で200組2000人程度とされていた。1万6000人には男性アイドルや外国人も含まれているが、過熱ぶりをよく表している数字と言える。

続出する「1億円超え」VTuber

 特に最近話題になっているのは高額の投げ銭だ。YouTube Liveには「スーパーチャット」(通称:スパチャ)という有料コメント機能があり、最低100円から50,000円までの範囲で送ることができる(1日の上限は50,000円)。

 人気VTuberの配信ライブでは、高額のスパチャが乱れ飛ぶ。PLAYBOARDの調査によると2021年の全世界(※日本だけではない)のYouTuberスパチャ総額ランキングにおいて1位から9位までを日本のVTuberが独占。その金額も6位以上が1億円を超えており、1位の「潤羽るしあ」は1億9,413万2,818円となった。2位は7月に引退した「桐生ココ」で1億7,136万8,258円。もし、引退しなければ3億円以上稼いでいた可能性もある。

画像
2021年度のYouTubeスパチャランキング(全世界)。9位まで日本のVTuberが占めた
(出典:PLAYBOARD

 そして、VTuberのトップ9人は後述する「ホロライブ」の所属となっている。

ソニーも本格参入、TV出演や企業タイアップも

 VTuberの活躍は、もはやYouTubeに留まらない。中でも「ホロライブ」「にじさんじ」所属のVTuberらの人気は高く、日清食品やセガ、ファミマなどの一流企業とのコラボ商品を発売し、それ以外の事務所所属のVTuberも含めてテレビ出演やゲームに声優として起用されるなど、活躍の場を広げている。

 現状で活躍してメジャーなVTuberはほとんどが新興ベンチャー企業によるプロデュースか個人活動だが、昨年から大手音楽産業も本格参入してきた。

 近年、YouTube音楽番組「THE FIRST TAKE」や音楽ユニット「YOASOBI」で大ヒットを飛ばしてきたソニーミュージックエンタテインメントは、昨年7月にVTuber育成&マネジメントプロジェクト「VEE」を発足し、オーディションを行った。

 ポニーキャニオンは2022年2月7日にDMM.comなどと業務提携し、メタバース業界に参入すると発表した。VOCALOIDやVTuberの音楽ライブを中心に、池袋のライブ会場「harevutai」をVR空間に再現した「Virtual harevutai」などで、年間15本以上のライブ開催を目指す。

 テレビ局では2018年にNHKが「NHKバーチャルのど自慢」を開催するなど、早くからVTuberを試験的に登用していた。

photo
日本テレビ『プロジェクトV』のWebページ
 VTuberにもっとも力を入れているのは日本テレビで、2021年7月にVTuber事業「V-Clan」を立ち上げ、月1回の地上波バラエティ番組『プロジェクトV』を放送開始。人気VTuberが現実に存在するかのように芸能人と共演する本格的なお笑い番組となっている。

 さらに2022年2月にVTuber事業を分社化し新会社「CLAN ENTERTAINMENT」を4月1日に設立すると発表した。

 フジテレビは後述するが、2021年4月本格的なVTuberオンラインライブ「V-Carnival」を開催している。

【次ページ】VTuberシーン拡大の背景

メタバース/VR/AR/MR/SR/xR ジャンルのトピックス

メタバース/VR/AR/MR/SR/xR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!