開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/03/28

今がアツい「AIロボット」、“5年で5倍”の圧倒的な成長市場、その可能性を探る

産業用ロボットの需要拡大に加えて、ヘルスケア業界における新型コロナ対策としてのAI(人工知能)ロボットの導入拡大など、多様な要因がAIロボット市場の成長を促進しています。この記事では、世界的な市場調査会社MarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)社の市場調査レポート「AIロボットの世界市場・COVID-19の影響(~2026年):ロボットタイプ(サービス・産業用)・技術(機械学習・コンピュータービジョン・コンテキストアウェアネス・NLP)・提供区分・用途・地域別」から、サービスロボットをはじめとするAIロボット市場について同社の調査結果などを紹介していきます。

編集協力:グローバルインフォメーション

編集協力:グローバルインフォメーション

世界の主要調査会社250社以上とパートナー契約を結び、日本をはじめとする世界各所で市場調査レポートを提供している。パートナーが発行するレポートは複数産業の約10万点におよび、毎月2000点超の新刊が発行されている。レポートの販売のほか、提携先への委託調査の仲介も実施している。
企業URL:https://www.gii.co.jp/

photo
あらゆる産業で活用が進むAIロボットの可能性を探る
(Photo/Getty Images)

AIロボット市場は2026年まで年38.6%も成長

 AIロボットはインテリジェントロボットとも呼ばれ、人間が意思決定をほとんど、またはまったく行わずに一連のタスクを実行する、AI技術対応のロボットです。AIは、ロボットがさまざまなタスクを実行するのに役立ちます。たとえば、ロボットが周囲の状況をうまく把握したり、周囲の物体を識別したりする時だけでなく、レンガ積みやドライウォール設置、ロボット支援手術で人間を補助する時などです。

 AIロボットは付属のセンサーまたは人間によるデータ入力を介して情報を収集し、保存されているデータと比較しながら、その情報が何を意味するのかを判断します。一部のAIロボットは社会的にコミュニケーションを取り、ボディーランゲージや声を認識して、それに応答することができます。

 倉庫での商品の選別と梱包および配送に使用されるAIロボットも近頃は増えています。さらに、協働ロボット(コボット)は、小売店、博物館、美術館、ホテル、病院、さらにはスマートホームにも続々配備され、人間をサポートする役割を果たしています。

 MarketsandMarketsによると、AIロボットの市場規模は2021年の69億米ドル(約8,073億円)から、2026年には353億米ドル(約4兆1,303億円)の規模に成長すると予測されています。これは、当該期間中のCAGR(年平均成長率)で、38.6%の増加が見込まれるということです(図1)。

画像
図1:AIロボット市場はCAGR(年平均成長率)で38.6%の増加が見込まれ、2021年の69億米ドルから、2026年には353億米ドルの規模に成長すると予測
(出典:MarketsandMarkets)

市場を“独占”する「サービスロボット」人気の秘密

 2021年のAIロボット市場において、人の生活空間などで稼働するサービスロボットは全体の約97%と最大のシェアを占めており、2026年までの期間中もその地位を維持すると予想されています(図2)。国際ロボット連盟(IFR)によると、サービスロボットの需要が高まっている背景の一つに、AIサービスロボットの製造を主とするベンチャー企業の種類と数がロボットメーカー全体の約29%を占めていることがあるようです。

画像
図2:サービスロボットは全体の約97%と最大のシェアを占める
(出典:MarketsandMarkets)

 加えて大企業は、ベンチャー企業の買収などを通じて、ロボット工学に投資するようになってきています。その上、プロセッサ負荷の高いAIタスクを、クラウド経由ではなく実際のロボット上で実行できるエッジ向けAIチップの性能向上も、サービスロボットの需要増加に大きく貢献しています。

 AIを搭載したサービスロボットは、プール掃除や芝刈りなどの家事から、軍事・国防分野の重要な任務まで、さまざまな用途で人間をサポートすることができます。このようなロボットは、汚かったり、単調だったり、危険だったり、繰り返しが多かったりする仕事でも人間を助けることが可能です。

【次ページ】いま“話題”のAIロボットを紹介、人気な「用途」も併せて解説

画像
次のページ以降では、AIロボットを活用している「在庫管理」をはじめとした人気な用途についても解説します

お勧め記事

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのセミナー

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!