• 会員限定
  • 2023/01/27 掲載

ダイソンが“絶対王者”である必然、異色でも革新的な製品を生み出す「3つの秘訣」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
新たな製品を開発するとき、何から考えるだろうか。一般的にはおおまかな製品領域を決めつつ、そこにニーズがあるかどうか、から始まるだろう。しかし、掃除機業界の絶対的な王者、ダイソンは異なる。2023年で日本市場に参入してから25年目を迎える同社は、空調家電や美容家電など多種多様なカテゴリーで革新的な製品を生み出し、競争が激化する中でもいまだ存在感を発揮し続けているが、そこには3つの秘訣が隠されている。今回はダイソンへの聞き取りを踏まえつつ、同社が実行しているプロダクト開発の思考法をひも解きたい。
執筆:MBAエンジニア/Tech系YouTuber 倉嶌 洋輔

執筆:MBAエンジニア/Tech系YouTuber 倉嶌 洋輔

AI時代のキャリア生存戦略』著者。1985年生まれ。大学卒業後、ワークスアプリケーションズに入社し、エンジニアとしてキャリアをスタート。その後、転職し、スマホアプリのエンジニアやSEとなり、Tech領域の知見を広げる。MBA通学を機にビジネス系の知見を広げ、2017年に「テクノロジー×ビジネス」のマルチスキルを活かし、コンサルタントとして独立。法人向けに、グルメレビューサービス企業や東大系AIベンチャー、ゼネコン企業等をクライアントにしたコンサルタントとしての活動をしながら、一般向けにはYouTubeやUdemyを通して「ビジネスで使えるTech系リテラシー」を育てるための情報発信を行っている。

photo
ダイソンが革新的な製品を生み出す秘訣とは
(写真:Alamy/アフロ)

ダイソンの掃除機はどう生まれた?

 ダイソンの特徴と言えば、テクノロジーに精通したトップが率いていることのほか、業界を刷新するような機能や性能、物理的ボタンが極端に少ないインターフェースを提案し、デザイン性に優れたプロダクトを次々に展開していることだろう。たしかにそうではあるが、ダイソンで働く方と話してみると、開発に携わるエンジニア自らがビジネスにも深くかかわるという従来のメーカーとはまるで異なる姿勢が見えてきた。


 まずマーケティングを起点に製品開発を行う企業では、マーケティング部門が「どのような製品をつくるのか」の企画を策定し、その企画を開発側へ連携して製品開発を行うことが多い。日本的な文系・理系の分け方で言うと、文系人材が企画を練り、理系人材がそれを実現する形だ。

 しかしダイソンでは製品企画からスタートするのではなく、エンジニアが感じた課題感から始まる。それは、「エンジニアリングや技術で問題を解決する」ことがダイソンの基盤だからである。たとえば彼ら自身の日常生活から課題を感じ取るだけでなく、各国のマーケットに自ら訪問・調査する場合もある。その際にはユーザーや潜在顧客とのコミュニケーションを通じて課題を発見し、それを解決するための技術開発をスタートさせることもあるという。

 ダイソンの祖業である掃除機も例外ではない。もともと創業者のジェームズ・ダイソン氏が「掃除機の紙パックが目詰まりし、吸引力が落ちる」という課題感を抱き始めたところから始まった。そこから5127回の試作を経て、遠心分離を利用した世界初となるサイクロン掃除機の発明。その後、何世代もの掃除機を世に送り出している。

 現在では、ダイソンの社内にカーペットや畳、フローリングなど、世界各国の掃除環境を再現した空間を用意。そうした環境下で、快適な生活空間を実現するための課題解決に取り組んでいる。

 しかし、その環境を持ってしても発見できないこともある。そうした問題を掘り起こすため、各国に直接出向いて現地に住む人から日常での困りごとを聞き、問題発見に努めているという。

掃除機の付属ツールが多いワケ

 ダイソンはサイクロン技術やデジタルモーター技術といったコア技術を基に掃除機を提供しているが、先述のようにさらに細かい掃除の課題を見つけ、新たな技術開発に努めている。そのため、掃除機の付属ツールや追加購入できるツールの種類は競合メーカーに比べ、群を抜いて多い。

 たとえば、ソファや布団を掃除するためのミニモーターヘッド、傷つきやすい表面を優しく掃除するためのソフトブラシツール、毛絡み防止のスクリューツール、棚の下などを奥まで掃除できるローリーチアダプター、ペットのグルーミング用ツールなど多岐にわたる(図1)。

画像
図1:掃除に付随する問題と、それを解決する技術の5つの事例
(筆者作成)

 さまざまな課題や問題を直接聞き出しているからこそ、関連するツールが増えていく。こうして開発した技術を、掃除機関連に限らず、生活に関わるさまざまな課題解決に応用しており、多様な製品の展開に生かしている。その行く末としてダイソンは、EV開発にも着手したのだ。

【次ページ】まとめ:ダイソンが実行する「3つの秘訣」

photo
次のページでは、空気の流れを自在にコントロールする技術を生かした製品の多角化や、EV市場への参入と失敗、革新的な製品を生み出す3つの秘訣などについて解説します。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます