• 会員限定
  • 2023/02/16 掲載

「ワンピース」「呪術廻戦」は超ヒットも……、劇場が配信に“ヒット作を奪われ続ける”理由

稲田豊史の「コンテンツビジネス疑問氷解」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本映画製作者連盟の発表によれば、2022年の映画興行収入は2,131億円、前年比131.6%と大きく伸長した。これは歴代最高興収を記録した2019年の約8割にも及ぶ。入場者数1億5201万人も前年比132.4%。この数字だけ見れば、新型コロナ感染拡大で苦境に陥った映画業界がようやく「復活」したようにも見える。果たして、そうなのか。今回は「コロナ4年目の映画興行」と題し、映画配給会社勤務のA氏(40代)に、興行が本当に「復活」したかどうかを聞いた。仮名としたのは、所属会社の原稿チェックという制約を受けることなく、また取引先に忖度することなく、現場の声を拾うためである。ご了承いただきたい(取材日は1月下旬)。

執筆:編集者/ライター 稲田豊史

執筆:編集者/ライター 稲田豊史

キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。 著書は『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く』。おもな編集書籍は『押井言論 2012-2015』(押井守・著/サイゾー)、『ヤンキーマンガガイドブック』(DU BOOKS)、『団地団 ~ベランダから見渡す映画論~』(大山顕、佐藤大、速水健朗・著/キネマ旬報社)。「サイゾー」「ビジネス+IT」「SPA!」「女子SPA!」などで執筆中。 (詳細

photo
「ワンピース」「呪術回線」は超ヒットも……、劇場が配信に“ヒット作を奪われる”ワケ
(出典:東映 報道発表)

シニア層が戻ってきていない?

 2020年初頭からの新型コロナ感染拡大は、映画館の集客に壊滅的な打撃を与えた。2020年の年間興収は1,433億円と、2,612億円を記録した2019年からほぼ半減。2021年も1,619億円と苦境は続いたが、2022年、ようやく2010年代の平均的な水準に戻ってきた。

■国内興行収入の推移
画像
国内興行収入は2022年、ようやく2010年代の平均的な水準に戻ってきた
(出典:日本映画製作者連盟<本文中の興収もすべて>)

 ただ、映画配給会社勤務のA氏は、あくまで自分の観測範囲でと前置きしながらも、「10~20代の若者は劇場に戻ってきているが、コロナに慎重なシニア層が十分に戻ってきていない」ことを劇場とのやり取りの中で体感するという。

「たとえばうちの作品ではないですが、シニア層を当てこんだ『峠 最後のサムライ』(2022年6月公開、監督:小泉堯史、出演:役所広司、松たか子)の興収は5億円弱。キャスティングや公開規模からしても、コロナ前なら20億円程度を狙ってもいい作品でした。それほどまでにシニア層が劇場に戻ってきていない」(A氏)

 アニメ作品が国内興収ランキングの上位を占めるのはコロナ禍に始まったことではないが、トップ5のうち4作品を占めるアニメ作品『ONE PIECE FILM RED』『劇場版 呪術廻戦 0』『すずめの戸締まり』『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の中心客が10~20代前半の一般層であるのは事実。また、コアなファンに向けた『映画 五等分の花嫁』『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEスターリッシュツアーズ』が大作洋画と肩を並べる20億円前後という成績で大健闘しているが、両作の観客層も当然若年層がメインだ。

■2022年度興収ランキング
2021年12月~2022年11月公開作
(※)は集計時点(2023年1月31日)で上映中の作品

  1. 1 ONE PIECE FILM RED 197.0億円(※)
  2. 2 劇場版 呪術廻戦 0 138.0億円
  3. 3 トップガン マーヴェリック 135.7億円(※)
  4. 4 すずめの戸締まり 131.5億円(※)
  5. 5 名探偵コナン ハロウィンの花嫁 97.8億円
  6. 6 ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 63.2億円
  7. 7 キングダム2 遥かなる大地へ 51.6億円
  8. 8 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 46.0億円
  9. 9 ミニオンズ フィーバー 44.4億円
  10. 9 シン・ウルトラマン 44.4億円
  11. 11 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 42.5億円
  12. 12 SING/シング:ネクストステージ 33.1億円
  13. 13 99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE 30.1億円
  14. 14 余命10年 30.0億円
  15. 14 沈黙のパレード 30.0億円
  16. 16 コンフィデンスマンJP 英雄編 28.9億円
  17. 17 映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021 26.9億円
  18. 18 ドラゴンボール超 スーパーヒーロー 25.1億円
  19. 19 ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス 21.6億円
  20. 20 映画 五等分の花嫁 22.4億円
  21. 21 映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝 20.4億円
  22. 22 あなたの番です 劇場版 20.0億円
  23. 23 劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEスターリッシュツアーズ 19.8億円(※)
  24. 24 ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 19.1億円
  25. 25 映画『おそ松さん』 16.7億円
  26. 26 今夜、世界からこの恋が消えても 15.3億円
  27. 27 劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編 15.0億円(※)
  28. 28 マトリックス レザレクションズ 14.0億円
  29. 29 ソー:ラブ&サンダー 13.5億円
  30. 29 ブレット・トレイン 13.5億円
  31. 31 ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー 12.5億円
  32. 32 バズ・ライトイヤー 12.2億円
  33. 33 THE BATMAN-ザ・バットマン- 11.9億円
  34. 34 カラダ探し 11.8億円
  35. 35 劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ 11.6億円(※)
  36. 36 HiGH&LOW THE WORST X 11.4億円
  37. 37 死刑にいたる病 11.0億円
  38. 37 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 11.0億円
  39. 39 映画 ゆるキャン△ 10.8億円
  40. 40 ボス・ベイビー ファミリー・ミッション 10.0億円
  41. 40 劇場版 Free! the Final Stroke 後編 10.0億円(※)
(出典:日本映画製作者連盟調べ)


 とはいえ劇場にしてみれば、数字さえ戻ってきているなら観客の年齢などどうだっていいのではないか。しかしA氏は、必ずしもそうとは言えないという。

「大都市のシネコンはそれでいいでしょうが、高年齢層を頼みにしているミニシアターや地方のチェーンは厳しいです。実際、ミニシアターで興収8000万~1億数千万規模の“小規模公開の洋画でいい感じのヒット作”が減りました。それらを支えていたシニア層が劇場に来ないからです。これは痛い」(A氏)


日米ともに二極化

 2022年の興行が好調だったことについて、「100億円突破作品が4本もある」という指摘は少なくない。しかも「邦画の100億円突破が3本」は史上初であるばかりか、映連発表のランキング対象外である2022年12月3日公開の『THE FIRST SLAM DUNK』も2023年2月8日に興収100億円を突破した。喜ばしいことである。

 一方で、「ヒットするものとしないものの二極化が激しい」という声は、数年前から興行界でよく聞かれる。2022年はその傾向が一段と加速しているとA氏。ネットやSNSで大きく話題になった大規模作品は、多くの人が話題についていきたいために「我先に」と観に行く。一方、海外の映画賞を受賞した良質なミニシアター系洋画の類いであっても、宣伝展開が地味だと存在にすら気づいてもらえない。

 ネットやSNSで話題になっていなければ「観る理由がない」と考える層は世代を問わず一定数存在するので、ヒットした作品はますます興収を積み、話題に上らなかった作品はますます日の目を見ない──という悪循環が加速する。

 ただ、この二極化傾向は北米にもみられる。米国の興収集計サイト「Box Office Mojo」で、北米における年ごとの興収上位10作品が総興収に占める割合を2018年と2022年で比較すると、2018年が32.6%だったのに対し2022年は52.2%と、上位作品の寡占率が大幅に上昇しているのだ。

 10作品の合計興収は両年とも約38億ドルとほぼ同じである一方、総興収は激減(118.9億ドル→73.7億ドル)していることから考えると、中規模以下の作品がふるわなくなった、という傾向はたしかにありそうだ。

【次ページ】中規模作品が配信に“取られた”北米市場

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます