• 会員限定
  • 2023/03/20 掲載

4割超が自覚「10年以内にビジネス破壊」、迫る「フルデジタルの世界」にどう備える?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ガートナーが2022年4月に実施した調査では、産業革命レベルのテクノロジーが与える影響について、43.7%の企業が「10年以内にビジネスそのものを破壊し、自社にも大きな影響がある」と考えていることが分かった。そして、現代におけるメタバースこそ、産業革命的なインパクトを社会にもたらすものであり、「メタバースが実現すると目される2030年に備えよ」とガートナーは提言する。「リアルのデジタル化」と「デジタルのリアル化」が双方向で進む今、どのようなテクノロジーに注目し、具体的にどう備えすべきなのか。ガートナーのディスティングイッシュト バイス プレジデント,アナリスト、亦賀忠明氏が解説する。
執筆:畑邊 康浩

執筆:畑邊 康浩

photo
ガートナーはメタバースを「フルデジタルの世界」と説く
(出典:Gartner(2022年11月))

「メタバース=VR」ではない

 ガートナーが2022年9月に発表したハイプサイクルにおいて、メタバースNFTweb3にならび、「過度な期待」のピーク期にあると位置づけられている。これから幻滅期に入ると考えられるメタバースには、振り回され過ぎずに中長期のメガトレンドを踏まえて戦略、展開を開始することが重要となる。

 また、メタバースには誤解も多い。メタバースと聞くと、VRのことだと考えている人は多いかもしれない。たしかにVRは見た目にも分かりやすく、VRがすなわちメタバースだとして紹介されるケースは少なくない。しかし、「メタバースはVRだけのものではなく、フルデジタルの世界だと捉えることが重要」と亦賀氏は指摘する。

「メタバースは、特定のテクノロジーを指すものではなくテクノロジーの集合トレンドであり、時代変化を象徴するキーワードです。中長期のインターネットの新たな革新であり、産業革命的なインパクトを社会にもたらすものです」(亦賀氏)

画像
ガートナー ジャパン ディスティングイッシュト バイス プレジデント, アナリスト
亦賀忠明氏

今後10~20年で間違いなく進む「フルデジタル」とは

「今、特に日本は歴史的な転換期を迎えています。これは江戸時代から明治時代になったくらいの大転換です。『メタバース』という言葉はバズワードとして終わるかもしれませんが、『フルデジタル』の世界へ向かう事実は変わりません」(亦賀氏)

 フルデジタルには、2つの方向性がある。「デジタルのリアル化」と「リアルのデジタル化」だ。VRは、このうちの「デジタルのリアル化」に当たる。一方の「リアルのデジタル化」は、ARやジオロケーション、デジタルツインなどをイメージすると良いだろう。

 ガートナーは、今後すべてのリアルの環境はクラウド、AI、IoT、ブロックチェーン、Software-Defined Vehicle(SDV)、次世代リアル店舗、空飛ぶ自動車、ドローン、ロボット、5G/6G、VR/AR/MR/XRなどのさまざまなテクノロジーが絡んでデジタル化が進行するとしており、その中で「自動車や店舗は『人』に新しいユーザーエクスペリエンスをもたらすデバイスとなる」というビジョンを示している。

 今後リアルのデジタル化は10~20年かけて進行し、フルデジタルの世界に向かう。メタバース初期と言える現段階で必要なのは、時代の変化に対応することだ。 【次ページ】すでに実践段階、押さえておくべき技術トレンド

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます