• 会員限定
  • 2024/05/02 掲載

TSMCが世界トップになれたワケ、創業者が「インテルの2.5世代遅れ」から逆転した方法

連載:企業立志伝

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
昨今のAIの急成長を後押しする半導体業界。かつて、同業界では設計から製造まですべてを自社で行う垂直統合型が当たり前でしたが、1990年代から、工場を持たずに製品の企画や設計に特化した「ファブレス企業」と製造に特化した「ファウンドリ企業」による分業が進んでいます。前者の注目企業がエヌビディアなら、後者はTSMC(台湾積体電路製造)です。ファウンドリ市場で世界シェアの50%以上を握るTSMCは、今でこそ世界に知られていますが、設立当初はその成功を信じる人はほとんどいませんでした。同社がここまで成功できた理由を、創業者モリス・チャン氏の半生からひも解きます。
経済・経営ジャーナリスト 桑原 晃弥

経済・経営ジャーナリスト 桑原 晃弥

1956年広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒。業界紙記者を経てフリージャーナリストとして独立。トヨタからアップル、グーグルまで、業界を問わず幅広い取材経験を持ち、企業風土や働き方、人材育成から投資まで、鋭い論旨を展開することで定評がある。主な著書に『世界最高峰CEO 43人の問題解決術』(KADOKAWA)『難局に打ち勝った100人に学ぶ 乗り越えた人の言葉』(KADOKAWA)『ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則』(朝日新聞出版)『「ものづくりの現場」の名語録』(PHP文庫)『大企業立志伝 トヨタ・キヤノン・日立などの創業者に学べ』(ビジネス+IT BOOKS)などがある。

大企業立志伝 トヨタ・キヤノン・日立などの創業者に学べ (ビジネス+IT BOOKS)
・著者:桑原 晃弥
・定価:800円 (税抜)
・出版社: SBクリエイティブ
・ASIN:B07F62BVH9
・発売日:2018年7月2日

photo
TSMC創業者のモリス・チャン氏の知られざる半生
(写真:ロイター/アフロ)

中学時代に芽生えた思い「祖国のために何かしたい」

 モリス・チャン(張忠謀)氏は、中華人民共和国が成立する前の1931年、中華民国浙江省寧波市で生まれ、戦火を避けるために英国領だった香港に移り住んでいます。その後、中華民国の臨時首都が置かれていた重慶に移り、1949年に米国に渡りハーバード大学に入学しています。

 まさに第二次世界大戦と国共内戦の中で学生時代を送ったわけですが、モリス氏は小学校の6年間を「パラダイスだった」と後に振り返っています。一方で、中学時代には「『祖国のために何かしたい』という志が確立した」(『半導体ビジネスの覇者』p101)ようです。

 この時の経験が後年、台湾に帰り、TSMCを設立する動機にもなったと言われています。

 ハーバード大学で英語の読み書きと会話を身につけ、「誠実に人に接すること」を学び、読書や観劇、音楽などの幅広い趣味を持つようになったモリス氏は、大学2年からマサチューセッツ工科大学(MIT)に編入します。

MIT卒業後、「半導体の父」の発明を間近で体験

 1953年に機械工学の修士号を取得したものの、博士号を取得しないままに卒業することになり、1955年にゲルマニウムトランジスタ製造のシルバニア・エレクトリック・プロダクツに入社します。

 そして3年後の1958年に、モリス氏はテキサス・インスツルメンツ(TI)に転職します。

 この年、「半導体の父」として知られる同社のジャック・キルビー氏が集積回路を発明したこともあり、同社はまたたく間に中小企業から大企業へと成長することになります。ちなみに、後にインテルを創業するロバート・ノイス氏も、フェアチャイルド社時代にキルビー氏から半年遅れで集積回路を発明しています。

画像
(Photo/michelmond/Shutterstock.com)

 モリス氏自身はこうした発明に関わったわけではありませんが、半導体が進化していく過程を間近で体験したこと、半導体の専門家たちとの人脈を築けたことが、その後のモリス氏にとって大きな財産となっています。

 TI時代、モリス氏はスタンフォード大学大学院で電気工学の博士号を取得するとともに、ゲルマニウム・トランジスタ部門、シリコン・トランジスタ部門、集積回路部門のトップを歴任した後、半導体部門全体を統括するヴァイス・プレジデントとなります。

 その後TIを退職したモリス氏は、1984年にジェネラル・インストゥルメントのCEOに就任。その1年後に台湾に帰国することになります。 【次ページ】IBMやインテルにも出資断られ…誰も成功を信じなかったTSMC

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます