開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/11/18

富士ソフト、大阪にマイクロソフトのクラウドサービス体感センターを開設 2012年に関連売上8倍に

富士ソフトは18日、マイクロソフトとの協業強化の一環で、大阪府大阪市にクラウドサービス発信拠点「マイクロソフトソリューション&クラウドセンター大阪」を12月1日に開設すると発表した。

photo
 マイクロソフトソリューション&クラウドセンター大阪は、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Online Services」や「Windows Azure」などの環境を体感できる施設。物理サーバが2台、体験用PCが8台、大型モニターが3台、Web会議システムPolycom CX5000などが設置される。

 富士ソフトは3月18日に東京で同様の施設「マイクロソフトソリューション&クラウドセンター秋葉原」を開設しており、関西では初の拠点となる。

 富士ソフトの関西支社では、11月1日に専門部隊「MSソリューション&クラウドディビジョン」を新設。西日本におけるマイクロソフト関連ビジネスは今年度2.5億円の売上を見込んでおり、2012年度にはその8倍となる20億円の売上を目指すという。

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!