開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/02/08

NTTドコモ、「ドコモ・イノベーションベンチャーズ」設立 スタートアップ出資を強化

NTTドコモは7日、日本電信電話(以下、NTT)の子会社としてコーポレートベンチャー投資ファンドの運用管理を行っているNTTインベストメント・パートナーズ(以下、NTT-IP)の全株式をNTTより譲り受け、ベンチャー・スタートアップ企業との連携を強化する。その上でドコモは、NTT-IPの商号変更を行い、新たなファンド運営会社「ドコモ・イノベーションベンチャーズ(以下、DIV)」を、2013年2月下旬に設置する。

 NTTドコモはファンド運営会社の設置に伴い、ベンチャー企業への出資を行う運用総額100億円のコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合(以下、DIファンド)」を2013年2月下旬に新たに設立する。

 今後、ドコモでは、ベンチャー企業への出資などの取り組みを通じ、ベンチャー企業との連携強化、サービスや技術の拡充、スマートフォン向けサービスなどの充実を図る。

photo
NTTグループの今後のベンチャー投資スキーム

 これにより、現在取り組みを強化している「新たな事業領域」におけるサービス開発力を強化し、「モバイルを核とする総合サービス企業」への進化を加速していくという。ここでいう新たな事業領域とは、「メディア・コンテンツ事業」、「金融・決済事業」、「コマース事業」、「メディカル・ヘルスケア事業」、「M2M事業」、「アグリゲーション・プラットフォーム事業」、「環境・エコロジー事業」、「安心・安全事業」の8分野。

 NTTドコモでは、昨年の12月に「イノベーションビレッジ」を立ち上げ、100億円出資の「イノベーションファンド」を設立すると発表していた

 なお、ドコモでは、北米におけるベンチャー企業との連携および出資については、引き続きドコモ・イノベーションズ(DOCOMO Innovations, Inc.)およびドコモ・キャピタル(DOCOMO Capital, Inc.)が実施する。

 DIVは今後、今回新たに設立するDIファンドの運営に加えて、現在NTT-IPが運営する「NTT-IPファンド投資事業組合」についても、運営していく。

関連記事

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!