• 会員限定
  • 2013/09/17 掲載

MDM、MAM、MCMとは何か? 情報漏えい対策の視点から本当に必要な機能とは

【連載】スマートフォンのセキュリティを徹底考察(5)

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
スマートフォン情報漏えい防止の観点では、対策を施すためには「ネットワークレイヤ」「OSレイヤ」「アプリレイヤ」の3つに分類すると理解しやすいことは、前回解説した通りだ。今回はこの3つのレイヤを、ソリューションの観点から分類されたMDM(Mobile Device Management)やMAM(Mobile Application Management)、MCM(Mobile Contents Management)と比較する。『スマートフォンの業務利用におけるセキュリティ対策』の著者、コネクトワン代表取締役社長の吉田 晋 氏に、最新事情やデータと共に考察いただいた。
執筆:吉田 晋

 スマートフォンからの情報漏えい対策を考えるとき、漏えいリスクは「ネットワークレイヤ」「OSレイヤ」「アプリレイヤ」の3つのレイヤに分類することができることは、前回解説した。これは、スマートフォンのセキュリティ対策ソリューションとして注目を集めるMDM(Mobile Device Management)やMAM(Mobile Application Management)、MCM(Mobile Contents Management)がそれぞれどう違うのか、またその役割を理解する上でも重要だ。第5回となる今回は、MDM、MAM、MCMについて解説する。

photo

MDM(Mobile Device Management)

photo

 MDMの持つ情報漏えい防止機能とは、OSレイヤでのセキュリティ対策である。以下の情報漏えい要因はOSレイヤでのみ対策監視を行うことができる。

(1) iOSにおける構成プロファイル(スクリーンショット禁止など)管理

(2) Jailbreakやルート奪取など不正OS改造の監視
 OSの不正改造を許可するとスパイウェアによる遠隔情報収集など何でもありの状態となり得る。システム管理者が想定している情報漏えい対策そのものの前提が崩れるため、情報漏えい防止の観点ではOS不正改造端末の業務利用は許可するべきではないといえる。

(3) ウィルス感染の監視
 最近のアンチウィルスソフトはMDM機能を持っているのが一般的になっている。ボット型ウィルスや標的型ウィルスなど、「ウィルス感染=機密情報漏えい」となる危険性が今後増加してくと考えられる。ウィルス感染の管理ができない端末は、情報漏えい防止の観点から、業務利用は許可するべきではないと言える。

(4) データ保存アプリの禁止
 情報漏えいのリスクとなる公式アプリのインストールまたは利用を禁止するのも、またOSレイヤで行うべき情報漏えい対策である。公式アプリとして配布されている画面キャプチャーアプリ、画面録画アプリ、クリップボード履歴保存アプリなどの多くは、暗号化されずにデータがそのまま保存される。上記に述べたようにこれらの保存データは下記要因と複合されることで情報漏えいが発生する。

a) 保存されたデータ + 端末盗難・紛失 + 悪意のあるハッキング
b) 保存されたデータ + データ共有クラウドサービスとの(自動)同期
c) 保存されたデータ + 情報収集マルウェア感染

 一方MDMの情報漏えい対策として最もメジャーである「リモートロック」「リモートワイプ」は情報漏えい防止にはそれほど効果があるとは言えない。これについては、本連載の「実はリモートワイプの効果は薄かった?──スマートフォンのセキュリティを徹底考察(1)」で詳しく解説している。

photo
図1■紛失または盗難に遭った端末に対してMDMのアクションを起こした利用者(全利用者の5%)の内訳

MDMの代表的な機能とその有効性

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます