開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/12/10

損保ジャパン、約1万5000ユーザーの仮想デスクトップ 14年には3万8000まで拡張

損害保険ジャパンは、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模な仮想デスクトップ環境を構築し、本格的に稼働を開始した。

 今回、従来のハードディスク付きクライアントPC からシンクライアント端末を活用する本システムに移行することで、ITガバナンスを強化したほか、契約者情報の漏えい防止などセキュリティの向上とワークスタイルの変革を推進することで営業担当者の外出先での機動力を強化し、顧客対応力の向上を図った。

 また、関東と関西の両データセンターへ営業店で利用するデスクトップ環境を集約することにより、災害発生時でもどちらかのセンターで稼働させることで事業継続性を強化した。

画像
本システムの概要図

関連記事

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのセミナー

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのトピックス

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!