開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/01/31

九州大学、スパコンの「高性能アプリケーションサーバシステム」稼働開始

九州大学情報基盤研究開発センターは31日、研究用計算機システム「高性能アプリケーションサーバシステム」の試験稼働を終え、2013年12月27日から本格稼働を開始したことを発表した。

 新システムは、720テラフロップスの総合理論演算性能を有するシステムで、従来システムと比べ性能が約28倍向上、1テラフロップスあたりの消費電力は従来の約17分の1に低減されたという。

photo
「高性能アプリケーションサーバシステム」の概要図

 本システムは、日立のテクニカルサーバ「HA8000-tc/HT210」965ノードをはじめ、スーパーテクニカルサーバ「SR16000 モデルVM1」などを採用している。今回導入した「HA8000-tc/HT210」965ノードと本センターで稼働している高性能演算サーバを連携し、演算性能評価を実施した結果、1ペタフロップスの実行性能を達成したという。

 今後、本センターでは新システムを活用し、防災・減災に資する地球変動予測や次世代ものづくりを行うほか、さまざまな研究開発の効率化を目指す考え。

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!