開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/04/07

SAPジャパン、東京と大阪にアジア初のデータセンターを開設

SAPジャパンは7日、SAP AGがアジア太平洋地域で初となるデータセンターを東京と大阪の2都市に開設し、4月1日より稼働を開始したと発表した。今回SAPが日本に開設したデータセンターは、世界で4カ国目、アジア太平洋地域では初のデータセンターとして、SAP HANA Enterprise Cloudサービスを提供する。これにより、インメモリーデータベースSAP HANAの機能をクラウドベースで利用できるようになる。

関連記事
 SAPでは、アジア太平洋地域が今後のビジネスにおいて重要な地域として捉えており、その中でも日本は特に重要なビジネス拠点と位置付けているという。このデータセンターは、日本だけでなく、SAPのアジア太平洋地域のクラウドビジネス全体をカバーする拠点となる。

 SAP HANA Enterprise Cloudは、SAP HANAに対応した基幹業務システムのSAP Business SuiteやSAP NetWeaverBusiness Warehouseなどを、ペタバイト規模のマネージド・クラウド・サービスとして提供する。

 また、同社では、今回開設するデータセンターを、SAP HANA Enterprise Cloudのサービス提供拠点としてだけでなく、パートナーエコシステムを拡大するためのデータセンターとしても位置付けている。

 SAPは、クラウドポートフォリオの基本はオープンエコシステムという戦略をとっており、データセンターの構築や運用における技術ノウハウ、SAP HANA Enterprise Cloudの導入ノウハウや既存のオンプレミス環境からの移行プロセスなどをパートナーに公開し、パートナー企業が独自のデータセンターからSAP HANA Enterprise Cloudサービスを提供できるよう、支援していく考え。

 SAP CIO兼エグゼクティブ・バイスプレジデント クラウド&デリバリー担当のビヨン・ゲルケ氏は「日本はSAPにとって最も重要な市場の一つという理由から、アジア太平洋地域で開設する2つのデータセンターの最初の市場として日本を選択しました。これにより、クラウドという形でインメモリープラットフォームSAP HANAのリアルタイムな処理機能を日本のお客さまに提供することができます。データセンターは最高のデータコンプライアンスとセキュリティ規定を採用しており、最先端の技術と最高のセキュリティおよび統合的なデータ保護を提供します。また、データを仮想的に保護するだけでなく自然災害からも保護します」と述べている。

 また、先行ユーザーとして住友重機械工業が採用。同社 企画本部 主管 山谷泰夫氏は、「今回のSAPのデータセンター開設を歓迎します。SAP HANAとSAPの業務アプリケーションよるリアルタイム経営がクラウドによって短時間に実現できることは非常に価値のあることです。また、日本にデータセンターが開設されたことによって、企業はより安心感を持ってサービスを利用することができます」と語っている。

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのセミナー

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!