開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/07

LINE、国内ゲーム会社を支援するファンド「LINE GAME Global Gateway」を設立

LINEは6日、モバイルオンラインゲームの企画・開発・運営を行うgumiと資本業務提携について基本合意したことを発表。さらに、日本国内のゲームコンテンツ開発会社及びゲームコンテンツを対象とした投資ファンド「LINE GAME Global Gateway」を設立する方針を明らかにした。

 LINEは、2012年11月よりゲーム事業「LINE GAME」の本格展開を開始。自社および外部コンテンツプロバイダーと連携して開発したゲームコンテンツを、LINEのプラットフォームを通してユーザーに提供している。

photo
300万ユーザーを突破したオンラインゲーム「ブレイブフロンティア」

 gumiの子会社、エイリムが提供している「ブレイブフロンティア」は、国内のApp StoreやGoogle Playだけでなく、gumiの海外拠点を通じて、北米やヨーロッパ、東南アジア諸国など世界50カ国以上のマーケットで展開されている。日本発のモバイルコンテンツで各国でヒットを記録しているという。

関連記事
 今回の基本合意は、LINEがgumiの実施する第三者割当増資を引き受けることで、gumiのゲームコンテンツ開発を資金面で支援。gumiは、年内にもLINEのプラットフォーム向けに新たなゲームコンテンツ開発に着手するとともに、今後は、年間複数本のゲームコンテンツの提供を行うというもの。

 LINEが国内の企業に出資するのは今回が初。また同社は、同日に国内のゲームコンテンツ開発会社およびゲームコンテンツを対象とした投資ファンドを設立。ファンドの設立・運用開始は、2014年9月以降に運用を開始する。今後もファンドを通じて、日本のゲームコンテンツ開発会社およびゲームコンテンツの開発を資金面で支援していく考えだ。

新規事業 ジャンルのトピックス

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!