• 会員限定
  • 2014/11/18 掲載

SNS時代だからこそシェアに注意! 巧妙化するフィッシングの取り締まりが難しい理由

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
金融機関を装った電子メールを送り、住所や氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取するフィッシング行為。近年はメールが巧妙化しているだけでなく、ソーシャルメディア時代ならではのメール以外の誘導手法も登場している。JPCERTコーディネーションセンターが運営するフィッシング対策協議会はこうしたフィッシング行為の届け出について個別に対応しているが、取り締まりにあたっての課題も存在している。

巧妙化だけでなく、新たな手法も出現する「フィッシング」

photo
巧妙化しているだけじゃない新たな手法も出現する「フィッシング」を知る!
 フィッシングとは、銀行やクレジットカード会社などの金融機関を装った電子メールを送り、住所や氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為だ。

 読者の多くは、迷惑メールを受け取った経験があるだろう。そのなかで、世界中に送りつけるためか英語のままだったり、日本語になっていても翻訳がおかしかったりと、見るからに怪しいものであれば不用意にメールを開封しないのではないだろうか。

 しかし、近年はこれが巧妙化し、攻撃者が金融機関のメール文面やシグネチャなどを研究することで本物のと偽物の区別がつきにくくなっている。

 またフィッシングメールだけでなく、フィッシングサイトも同様だ。サイトの作りも完成度が高くなっており、URLなどをしっかり確認しないとフィッシングサイトとは気が付かないケースもみられる。

SNS時代は拡散の危険あり、メール以外の誘導に注意せよ

関連記事
 さらにソーシャルメディア全盛ならではの、新たなフィッシングの手法も生まれている。

 ひとつは、攻撃サイトへのメール誘導が、SNSなどのリンクやシェアに変わってきていることだ。端末側の脆弱性を利用してマルウェアに感染させたり、スパイウェアや偽アプリをダウンロードさせたり、あるいは単なる広告やクリックを稼ぐだけのサイトへ誘導するために、SNSが利用されているのだ。

 筆者が調べた範囲では誘導先がフィッシングサイトという事例は確認できなかったが、攻撃行為の中でアカウント情報を窃取するような手口が、今後もでてこないとは限らない。なにより、興味を惹くタイトルを見て不用意にシェアしてしまうのは非常に危険である。

 たとえば「○○銀行ではパスワード変更を促しているようです」とか「○○の手続きはこのリンクからログインすればできます」といった偽情報がシェアやリツイートの形で流れてくるかもしれない。金融機関での不祥事や、キャンペーンなどのニュースがタイムリーに発信されていた場合、騙される人がいても不思議はないだろう。

【次ページ】フィッシングを取り締まることが難しい理由

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます