開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/05/29

ドラゴンボールから読み解く、孫悟空的エキスパート人材を育成するための課題(後編)

連載:名著×少年漫画から学ぶ組織論(29)

超人気漫画「ドラゴンボール」に登場する「孫悟空―孫悟飯―ピッコロ」の関係とは、ビジネスの世界に置きかえると「エキスパート―素質を見出された後輩―それをとなりで見守る他部署のリーダー」のようなものである。才能を見出される新人は、人並み外れた素養とスキルがあるために、任された業務分野において、表面上は適応する。しかし、最も肝心な「動機」が存在しないまま、第一世代に巻き込まれるようにして現場に身をおくということもままある話であり、それが致命的なアダになる場合がある。

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

予定通りに進まないプロジェクトを“前に”進めるための理論「プロジェクト工学」提唱者。HRビジネス向けSaaSのカスタマーサクセスに取り組むかたわら、オピニオン発信、ワークショップ、セミナー等の活動を精力的に行っている。大小あわせて100を超えるプロジェクトの経験を踏まえつつ、設計学、軍事学、認知科学、マネジメント理論などさまざまな学問領域を参照し、研鑽を積んでいる。自らに課しているミッションは「世界で一番わかりやすくて、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」を構築すること。 1982年大阪府生まれ。2006年東京大学工学部システム創成学科卒。最新著書「予定通り進まないプロジェクトの進め方(宣伝会議)」が好評発売中。 プロフィール:https://peraichi.com/landing_pages/view/yoheigoto

動機を持たないまま、パフォーマンスをあげさせられる第二世代

photo

 孫悟飯の悲劇は、高いポテンシャルをもって生まれ、そのポテンシャルを好戦的な第一世代に見出されてしまったということにある。初登場シーンのセリフは「大きくなったら、学者になりたい」と言っていたほどで、そもそも、このすれ違いこそが、ドラゴンボールという作品の後半部分における、最も大きなモチーフとなっている。

 本人は大きくなったら学者になりたいと繰り返し主張しているにも関わらず、「こいつはものになる」と、大人達に厳しい修行に無理やり駆り出され、望みもしない戦いに巻き込まれ、挙句の果てに、人類の行く末を託される。

 確かに地球の平和を脅かす敵は打破すべきである。確かに学者になりたいという自分の夢にとっても、そこは当然利害が一致するところではある。もちろん、人並みに正義感や使命感もある。自分に力があるのならばそこに協力をしたい。

 こうした心理状況で、人並み外れた素養とスキルがあるために、「敵と戦って地球を守る」という業務分野において、表面上は適応する。しかし、最も肝心な「戦うための動機」が存在しない。動機なきまま、第一世代に巻き込まれるようにして業務の現場に身をおいてきたということが、いつしかアダになる。

 「表面上は適応しているが、心の底からそこに喜びや充実を感じているわけではない」という状況を、上位の者が正確に把握するのは難しい。上位の者がその分野を開拓してきた第一世代であるならば、それはなおさらである。

 パフォーマンスが発揮されていなければ、明らかにそれが問題視され、課題として前景化される。しかし表面上適応し、パフォーマンスを発揮している状態では、上位の人間はそれが自分と同様のモチベーションによって成立していると早合点してしまうのである。

 そのような状況であるからこそ、下位の人間にはストレスが溜まり続け、ここ一番の肝心な局面で、その矛盾が噴出して、パフォーマンスがまったくあがらないという残念な状況が生まれてしまうことになる。

【次ページ】二代目が凡庸さを克服する方法論は存在するか?

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!