• 会員限定
  • 2015/09/09 掲載

Facebook、WeChat――ASEAN市場進出のカギとなるのはSNS活用マーケティングだ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ASEAN 10カ国を週替わりで移動する起業家、高橋 学氏。シンガポールで経営する「ASIACLICK ASIA PACIFIC REGIONAL OFFCE PTE.LTD.(Singapore)(以下、アジアクリック)」は、日本のビジネスのASEAN市場進出や、東南アジアからの観光客誘致を支援するコンサルティング企業だ。市場人口は約6億人。多民族、多言語、多宗教のASEAN諸国で、高橋氏がビジネスを始めた理由や、「日本とアジアをつなぐ」マーケティングについて話を伺った。
レバテックフリーランス 「世界のフリーランス

photo

ASEAN諸国進出を支援するアジアクリック

――現在のお仕事について教えてください

高橋氏:「日本とアジアの消費者が『知る・つながる・うまく行く』」ための支援をする企業、「ASIACLICK ASIA PACIFIC REGIONAL OFFCE PTE.LTD.(Singapore)」の代表を務めています。

 事業内容は、日系企業や自治体がタイやシンガポール、インドネシア、ベトナム等、ASEAN諸国に進出する際の市場調査や、現地へのプロモーション、進出アドバイザリーなどのワンストップサポートです。特に、FacebookやTwitter、微博(Weibo)、微信(WeChat)などSNSを活用したマーケティングに強みがあります。

 会社の拠点はシンガポールにありますが、特派員をASEAN10カ国に約20名配置しており、横断的な市場比較や、各国の風土に合わせたプロモーション支援を行えるようにしています。

 私自身は、ASEAN各国を週替りで移動する生活を3年ほど続けています。会社のスタッフ、顧客、プロジェクトが複数国に分布しているため、仕事の効率化にはテレビ会議システムが欠かせません。

ASEANは日本以上にSNS文化が浸透している

――アジアクリック設立の経緯を教えて下さい。なぜネットマーケティングの事業をASEANで展開しようと思われたのでしょうか。

高橋氏:雑誌という紙媒体を扱っていた私にとって、ネットマーケティングを選んだのは、施策の結果が数値ですぐに目に見えるという面白さに惹かれたからです。また、インターネットならリアルタイムで消費者ともっとつながることができると考えました。

 ASEANで起業した理由は2つあります。1つめは、華僑がビジネスの中心であるため、中国でのビジネス経験と中国語力を活かせると考えたからです。

 もう1つは、ASEAN市場はSNS文化が旺盛で、ネットマーケティング事業として挑戦しがいのある市場だと判断したためです。スマートフォン普及率は、日本が5割ほどなのに対し、シンガポール、マレーシアでは8割を超えています。公共の無料Wi-Fiも普及しており、老若男女を問わずインターネットでSNSを利用する風土があります。

 ASEANに進出したい日本企業や自治体に、SNSを用いたマーケティング手法を提供することで、日本とアジアの新しい関係性が築けるのではないかと思い、2回目の起業に踏み切りました。ASEANにはインドネシア、ベトナム、マレーシアなど日本語学習人口の上位国が複数並び、親日家も多いため、中国に比べてビジネスがスムースに進みやすいですね。

【次ページ】ASEANでビジネスをするうえで大事な3つのこと

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

~人的資本の最適配置をどう実現するのか?~ サイバーエージェントの人員計画を大解剖

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

オンライン

~P&G・マクドナルド・レノボ出身のFP&Aアドバイザーが語る~ 自社に合ったFP&Aの始め方

明日から取り掛かる、FP&Aの始め方 このような方におすすめ ・P&G/マクドナルド/レノボ出身のFP&Aプロフェッショナルによる事例解説に興味のある方 ・明日から取りかかれるFP&Aの始め方を知りたい方 ・グローバル基準のFP&Aを自社に合った方法で取り入れたい方 ・直近5年間で、日本企業においてもFP&Aや経営管理体制の構築の重要性についての理解が深まっています。 一方でその実行となると、「全社を巻き込むのが難しい」「どこから取り組めばよいか分からない」「取り組み事例を知りたい」といったお声を多く頂戴しており、ロールモデルに対するニーズが高まってるのが現状です。 そこで、今回はP&G・マクドナルド・レノボといったFP&A先進企業で日本子会社のCFO・FP&Aをつとめ、現在はFP&Aアドバイザーとして数多くの日本企業のFP&A実装に尽力されている池側氏をお招きし、事例をベースに「明日から何に取り組めばよいか」をご理解いただけるセミナーを開催いたします。 当日のテーマは以下です。 ・P&Gなど先進欧米グローバル企業のFP&Aとは ・FP&Aを実装している日本企業の事例 ・自社に合った形でFP&Aを始めるには 他社のFP&Aのお取り組みを知りたい方、FP&Aの高度化を推進したいマネージャー・経営層の方にぜひご参加いただけますと幸いです。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます