開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/02/19

J CREATION CEO 清弘 文哉氏が語る 「タイのデザイナーは“いい意味でオタク気質”」

起業家 清弘文哉 さんインタビュー(後編)

タイのバンコクで、日本のゲーム会社をはじめとしたクライアントにオフショアでデザイン業務を請け負う「J CREATION」を起業した清弘 文哉さん。タイは国を挙げてデザイナー育成に取り組んでおり、優秀なデザイナーが多いという。清弘さんに、タイの国民性やデザイナーの特徴、さらにはデザインやイラストのオフショア事業の展望について聞いた。

レバテックフリーランス 「世界のフリーランス


前編はこちら
photo
J CREATION CEO 清弘 文哉氏

タイには優秀なデザイナーが多い? その理由は

――御社の社員には、どのような方が多いんですか?

清弘さん:タイの美術大学を卒業した社員がほとんどです。なかには、タイの東大のような大学を卒業して、どうしても日本のアニメやゲームの絵を描きたいからと、入社したスタッフもいます。

 全体的に言語能力に長けている社員が多いのも特徴的で、タイ語以外に英語はもちろん、日本語を話せる社員が複数います。タイでは自国のコンテンツが比較的に少ないので、漫画やアニメ、映画などは海外の作品を見るしかないからだと思います。社内では、英語と日本語が飛び交っています。

――先ほど、タイには「優秀なデザイナーが多い」とおっしゃいましたが、その理由は主に日本を始め海外発のアニメやゲームが流行っているからなのでしょうか?

清弘さん:もちろん、それも要因のひとつですが、近年、タイが国を挙げてデザイナーの育成に取り組んでいることも、大きく影響していると思います。

 バンコクには、「BACC/バンコクアート&カルチャーセンター」や「TCDC/タイ・クリエイティブ&デザイン・センター」といったデザイナーを支援するための施設が次々に設立され、タイのデザイン業界は盛り上がりを見せています。また、街中には洗練されたデザインのビルや商業施設、飲食店が続々と建設され、プロジェクションマッピングを施したデパートも話題を読んでいます。

 そのせいか、タイには優れた美的感覚や高いクリエイティビティを持つ人材が、多く存在します。そんな彼らの表現方法の1つが、イラストなんです。タイでイラストを描く人の割合は、日本に比べて高い印象があります。

 タイ人には、良い意味でオタク気質の人が、日本よりも多いんですよね。自分の好きなものには強いこだわりを持っていて、納得がいくまでとことん取り組みます。絵が好きな子は何時間でもずーっと描き続けたりしますし、イラストやデザインに対する熱量がすごいんです。

 ですから多少、日本人に比べ物事にゆるい側面を持つクリエーターもいますが、一つ一つの作品に丁寧にプライドを持って臨んでくれます。

出社時間がゆったり気味? 日本人とは異なる時間感覚

photo
――タイで働く時に抑えておくべきルールや文化の違いについて教えて下さい。

清弘さん:タイ人と日本人との大きな違いは、タイ人は日本人よりも明らかにマイペースでゆるい感覚を持っているということ。特に時間やスケジュールについては疎い部分があり、そこをカバーするのが僕の大切な役目のひとつです。

 「今日はコレとコレを作業して、提出しようね」といった具合に逐次、メンバーに伝えておしりを叩くようにしています。また、工程別にデータの提出日を設定し、客先への納品日には響かないよう、つねに2・3日前倒ししてスケジューリングをしています。

 しかし、基本的に集中力は高いので、スイッチが入ると制作スピードはどんどん上がっていきますし、徐々に日本のスケジュール感覚にも馴染んできたと感じています。

【次ページ】デザインやイラストのオフショア事業は急拡大しない?

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!