開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2016/04/12

ファイル転送製品、比較で重視する機能は? 全体の44.2%が導入検討中

ユーザー間ファイル転送製品・サービスの現在の導入状況と、新規導入またはリプレースの予定について尋ねた調査によると、全体の44.2%の企業が新規導入またはリプレースなどの投資を検討していることがわかった。

 アイ・ティ・アール(ITR)は12日、国内のユーザー間ファイル転送製品・サービスに関する調査結果を発表した。

44.2%の企業が今後の新規導入またはリプレースを検討

 ユーザー間ファイル転送製品・サービスの現在の導入状況と、新規導入またはリプレースの予定について聞いたところ、未導入企業は7割弱となり、このうちほぼ半数の企業では新規導入の予定があるとした。

 また、すでに導入済みの企業でも、3割の企業がリプレースを予定しているという結果となった。全体で見ると、44.2%の企業が製品・サービスへの投資(新規導入またはリプレース)を検討していることが明らかになった。

photo
企業におけるユーザー間ファイル転送製品・サービスの導入状況

製品・サービス選定時には、転送サイズとセキュリティを重視

 また、製品・サービスの選定時に重視する機能について、比較的割合が高かったものを抜粋すると「一度に転送できる合計サイズ」が最も選択率が高く、39.9%となった。

 次いで「送信可能な、1ファイルあたりの最大サイズ」の28.2%、「ウィルス対策」の26.6%と続き、総じて転送サイズとセキュリティが重視されていることが明らかになった。

photo
製品・サービス選定時に重視する機能

 本発表は、ITRが発行したユーザー調査とベンダー調査を連動した市場調査レポート「ITR Cross View:ユーザー間ファイル転送市場の実態と展望2016」に詳細を掲載している。

関連記事

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのセミナー

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのトピックス

クラウドストレージ・ファイル共有・フ... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!