開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/07/15

ソフトバンク流「地方創生」、長野県塩尻市を「インターン」で活性化?

新インターンシップの狙いを聞く

ソフトバンクは「地方創生」×「ICT」をテーマに、長野県塩尻市と協力して新しいインターンシップを実施する予定だ。インターン生は地方創生を目指し、塩尻市の実際の課題に対して解決策を模索していくという。このプロジェクトをスタートさせることになった経緯と、その狙いなどについて、ソフトバンクの日下部 奈々氏と佐々木 力王氏に話をうかがった。

(聞き手/構成:編集部 中島 正頼、執筆:井上 猛雄)


photo
インターン生と地方創生を掛け合わせる、ソフトバンク流の施策とは

ソフトバンクの未来を担う人材が集い、育つ仕組みづくり

──まずは日下部さんの、現在の職務について教えてください。

日下部氏:私は、ソフトバンクグループの後継者発掘・育成を目的とした機関「ソフトバンクアカデミア」やタレントマネジメント、次世代リーダー育成に携わっています。革新的な起業家集団をつくるというソフトバンクグループのビジョン実現に向けたリーダー輩出に、人材開発の視点からチャレンジしています。

photo
ソフトバンク
人事本部 採用・人材開発統括部
アカデミア推進課/人材開発1課
日下部 奈々氏

──佐々木さんは、どういうお仕事をされているのでしょうか。

佐々木氏:私はソフトバンクに入社して以来、3年間新卒採用を担当しています。「優秀な人材とは何か?」という定義の策定から、ターゲットへのアプローチやジャッジ、入社してもらうまでのフォローを一貫して担当しています。会社の未来を担う人材を採用し、事業に結び付ける、というのが私のミッションです。

photo
ソフトバンク
人事本部 採用・人材開発統括部
人材採用部 採用推進課
佐々木 力王氏

こうして新たなインターンが始まった

──今回、「地方創生」×「ICT」というテーマで、長野県塩尻市のリアルな課題を解決するインターン生を募集するとお伺いしました。今回のプロジェクト立ち上げに至った背景について教えて下さい。

日下部氏:事の始まりは「地方創生協働リーダーシッププログラム」でした。

 これは、塩尻市と企業(ソフトバンク、リクルート)が連携し、市が抱える課題を民間の力で解決していく、そのプロセスを通じて、社員は次世代リーダーとしての素養を高めていく、というプログラムです。結果として、参加社員にとって非常に大きな成長の場となったため、その機会を学生にも提供できるのでは、と考えるようになりました。

──インターンの前に、社員研修で同様のプログラムを行われていたのですね。でもなぜ、塩尻市だったのでしょうか?

日下部氏:塩尻市に「スーパー公務員」として民間との連携に積極的な方がいらして、その方が「市の課題解決に民間のアイデアを貸してほしい」と話されたことがキッカケでした。一方で我々ソフトバンクは、社員の成長の機会として実践の場を求めていました。両者のやりたいことが一致し、とんとん拍子に話が決まったのです。

──実施してみて、反応はいかがでしたか?

日下部氏:実際にやってみるとすごく好評で、参加した社員の成長はもちろん塩尻市役所の方々に大変感謝いただきました。体育館建設や子育て、空き家など、5つの生々しい地方行政にとっての課題があり、民間と行政が一体となり取り組んだ結果、3つのアイデアが採用され、塩尻市の正式なプロジェクトになりました。

【次ページ】ICTを活用し、地方を変えたい学生は、いざ塩尻市に集まれ!

地方創生・地域経済 ジャンルのトピックス

地方創生・地域経済 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!