• 会員限定
  • 2022/10/03 掲載

「地方型MaaS」挑戦の舞台裏、MaaSによって地方都市が得たものとは何か

連載:MaaS時代の明日の都市

記事をお気に入りリストに登録することができます。
MaaS(マース)とは、テクノロジーを活用して移動をシームレスにつなぐ概念やそれを実現するサービスのことをいう。長野県小諸市では、多くの地方都市が抱える課題である人口減少問題に対処する一環として、2021年度から地元企業がMaaSを導入した。2022年度はしなの鉄道やジェイアールバス関東、都市再生機構など参加企業・団体が増え、モビリティの利用者は倍以上に増えるなど、順調に育ちつつある。地元企業のアドバイザーでもある筆者が、内側からのレポートをお届けしよう。

モビリティジャーナリスト 森口 将之

モビリティジャーナリスト 森口 将之

1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社編集部を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。国内外の交通事情・都市事情を取材し、雑誌・テレビ、ラジオ・インターネット・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティやまちづくりの問題解決のためのリサーチ、コンサルティングを担当する。著書に『MaaSが地方を変える 地域交通を持続可能にする方法』『MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略』『これから始まる自動運転 社会はどうなる!?』『富山から拡がる交通革命』『パリ流環境社会への挑戦』など。

画像
2021年度からMaaSに取り組む長野県小諸市。写真は、小諸駅前に止まる三輪カート「egg」
(写真:筆者撮影)

人口減少が進む、交通拠点として栄えた地方都市

 長野県小諸市は、同県東部のいわゆる東信地方では上田市、佐久市に次ぐ第3の都市で、人口は約4.2万人。戦国時代に整備されたと言われる小諸城の城下町、および北国街道の宿場町として栄えた。明治時代になると北国街道が国道18号線となったのに続き、信越本線が開通。その後は小海線も乗り入れ、交通の要衝として発展した。

画像
長野県小諸市
(出典:Map-It マップイット | 地図素材サイト)
 特筆すべきは、現在「懐古園」として解放されている小諸城址(こもろじょうし)の三の門近くに、小諸駅が置かれたことだ。その後建てられた市役所や図書館、総合病院も駅近で、生まれながらにしてコンパクトシティと呼べる都市構造となっている。

 しかしながら、北陸新幹線の誘致活動で南隣の佐久市に敗れ、信越本線が第三セクター「しなの鉄道」となり、東京と直結する特急列車がなくなったことなどが影響し、佐久市とは対照的に人口減少が進んだ。

画像
しなの鉄道線。北佐久郡軽井沢町の軽井沢駅から長野市の篠ノ井駅までを結んでいる
(写真:筆者撮影)

交通とは無縁だった地元企業がMaaS事業に挑戦

 この影響を受けたのが路線バスで、佐久市から小諸市を経由して上田市に至る路線は2021年に廃止され、新幹線が乗り入れる佐久平駅と小諸駅、市内北部の高峰温泉を結ぶ路線のみが残っている。

 一方小諸市では、2016年から朝夕定時定路線、日中オンデマンドとする市営バスを導入した。しかしながら定時定路線バスは利用者が少ないのに対し、オンデマンドバスは特定の時間に予約が集中するなど、課題を残していた。

 こうした中、西隣の東御市では、地元企業の手で、2020年度に市内巡回電動バスの実証実験が始まっていた。

 実験を行ったのは、1886年に長野県で創業したカクイチで、ガレージ・物置、農業改革、太陽光発電など幅広い分野を手掛ける企業である。同社では地域活性化の一環として、2020年にMaaS事業に進出。筆者は当初からアドバイザーを務めている。


中心市街地で電動カート/バスの社会実験から開始

 小諸市は東御市の実証実験に注目し、2021年度からカクイチとともに社会実験を始めることになった。同年4月に三輪と四輪の電動カート「egg」を中心市街地で周回させると、8月には電動バス「こもこむ号」を使った市内巡回路線も運行開始した。

画像
小諸駅前から発車する電動バス「こもこむ号」
(写真:筆者撮影)

 さらに翌月からは、電動カート/バスのロケーションシステムや時刻表、QRコードによる乗車チケット、協賛店舗一覧情報などを提供するMaaSを、スマートフォン向けウェブサイトとして展開している。

 結果は予想以上で、カートの最初の10日間ののべ利用者数は522人と、同種の車両を用いた地域交通としては、多くの先行事例を上回った。

【次ページ】MaaSアプリ開発、利用ハードル下げるためにLINEを入り口に

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます