ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/12/01 掲載

全米が住みたい街「ポートランド」、功績者・山崎氏が明かす日本との“意外な”共通点

記事をお気に入りリストに登録することができます。
自分の住む街はどこに魅力があるのか――こうしたことに正しく答えられる人はいるだろうか。日本では自分の行動範囲の中でさえ、それを知る人は少ない。一方、筆者が街づくりに携わった米オレゴン州ポートランドは誰に聞いても答えることができる。そんなポートランドは住みやすい街としても環境に優しい街としても世界から注目を集め、実は高輪ゲートウェイ(GW)や柏の葉スマートキャンパスといった日本の都市開発のモデルにもなっている。本稿では、良い街、住みやすい街とは何なのか、そしてどのように形成されていくのか、ポートランドを事例に解説していく。

執筆:サステナブル都市計画家/横浜国立大学客員教授 山崎 満広

執筆:サステナブル都市計画家/横浜国立大学客員教授 山崎 満広

横浜国立大学客員教授、MITSU YAMAZAKI LLC代表。民学産官をつなぎ、国や文化の枠を超え、持続可能な都市づくりを目指す。1975年東京生まれ。1995年に渡米、サザンミシシッピ大学にて学士と修士号を取得。卒業後、建設会社やコンサルティング会社、経済開発機関等へ勤務し、2012年よりポートランド市開発局にてビジネス・産業開発マネージャー、国際事業開発オフィサー歴任。ポートランド都市圏企業の輸出開発支援と米国内外からポートランドへの投資・企業誘致を主に担当。2017年に独立、ポートランドでMITSU YAMAZAKI LLCを設立。2019年に帰国。現在、つくば市まちづくりアドバイザー、神戸市港湾局・神戸ウォータフロント開発機構アドバイザー、米国のデザインコンサルティング会社Ziba Design国際戦略ディレクター、大鏡建設顧問、ポートランド州立大学シニアフェロー、慶應大学SFC上席研究員、横浜国立大学客員教授等を兼任。著書に第7回不動産協会賞を受賞した『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』(学芸出版社)、『ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方』(学芸出版社、共著)。
Web Site:https://www.mitsuyamazaki.com/ Instagram:#mitsuyamazakillc Twitter : @mitsuyamazaki

画像
米国人から住みたい街として有名で、世界からはサステナブルな街として注目を集めるオレゴン州ポートランド。良い街・住みやすい街はどのように形成されるのか
(筆者撮影)

ポートランドが目指したグリーンシティとは?

 街づくりの大切な要素の1つに、住民一人ひとりが「街」への意識を高く持つということが挙げられる。たとえば、ポートランドは自身の街への意識が高く、常に街を気にかけている。

 そしてポートランドは、コロナ禍の中でも移住者が増え続けている。「(住まいや、商業施設や交通機関といった生活機能が近接している)コンパクト化」や「スマートシティ」として話題になっているからだけではない。ポートランドが目指したのがそれらに加えて、「グリーンシティ」と呼ばれる「環境先進都市」であったからだ。

画像
環境先進都市を目指しているポートランドは、日本とのゆかりも深い。第二次世界大戦中に収容所に入れられた日系移民をしのんで整備された公園があり、多くの桜も見られる
(Photo/Getty Images)

 ポートランドの場合の「グリーンシティ」とは、ポートランドが輸出戦略を進める際、Weiden+Kennedy(NIKEの広告会社でポートランドに本社がある)が作り出した「We Build Green Cities」というタグラインに乗せた言葉である。先進都市と環境維持の関係を、今までのように反比例ではなく、比例していくことに目的を持つ政策の一環として生まれたものだ。本当の意味での「サステナブル」である。

超有名都市にした「4つの戦略」と日本へのノウハウ輸出

 2010年、当時のオバマ政権が、長引くリーマンショック後の不景気から脱出するため、「5年間での輸出倍増計画」を発表した。そして2012年、筆者がポートランドの役所に着任した時に、米国の都市からこの計画を実行する都市を募った。

 多くの立候補都市の中から選ばれたのは、GRP(域内総生産)に対する輸出割合の大きい、ロサンゼルス、シラキュース、ミネアポリス、そしてポートランドの4都市だ。それぞれの都市が、5年間でその計画を実行することとなり、筆者はポートランドにおけるプロジェクトチームのメンバーとして働くことになった。

 まずポートランドの戦略について数十人のチームでディスカッションを行った。自分たちの強みとなる「産業クラスター」から話が始まり、最終的に次の4つの柱を打ち出した。それが以下である

  1. 都市圏最重要輸出元であるインテルと、そのサプライヤー企業の健全な輸出復興へのサポート。
  2. 100年前から存在する地場の鉄鋼業の輸出拡大支援。
  3. これまで、国内外の企業誘致に特化してきた都市圏の経済開発専門家による輸出開発に向けたトレーニング(講習、演習など)。
  4. ポートランドの得意分野であるサステナブルな都市デザイン・開発のノウハウの輸出とプランディング。

 筆者は4番目の戦略に関する実行計画書(いつまでに、誰が、どの予算で、何をするか)を作成。そして「開発のノウハウの輸出」という任務に当たり、街づくりのコンセプトを売る、という難題を担当した。

 また「プランディング『We Build Green Cities』プロジェクト」のリーダーとして、輸出先となる対日本、中国、メキシコ、コロンビアのプロジェクトチームを立ち上げた。まずは自分の国である日本に、そのノウハウの輸出のためのプレゼンテーションを開いた。

【次ページ】かつての日本とポートランドの意外な共通点

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます