• 会員限定
  • 2017/02/16 掲載

ドイツのスマートファクトリーKLが目指す「レゴブロック的」モジュール化とは

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「インダストリー4.0」や「IoT」の潮流に乗り、グローバルで情報技術によって工場における生産プロセスを高度化する取り組みが広がってきました。製造業の生産プロセスでは各種技術要素や通信技術などを組み合わせる必要があるため、複数の企業による協働が求められています。ドイツの技術イニシアティブ「SmartFactory KL(スマートファクトリーKL)」は、こうした共同作業を促進するため設立されました。レゴブロック的なモジュール化によってマス・カスタマイゼーション実現を目指す、スマートファクトリーKLの取り組みを紹介します。
執筆:在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

執筆:在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

Mint Labs製品開発部長。1981年栃木県生まれ。2006年東京大学大学院工学系研究科修了。日本アイ・ビー・エムにてITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務した後、ESADE Business SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は、スペイン・バルセロナにある医療系ベンチャー企業の経営管理・製品開発を行うとともに、IT・経営・社会貢献にまたがる課題に係るコンサルティング活動を実施。Twitterアカウントは@takayukisato624。ビジネスモデルや海外での働き方に関するブログ「CTO for good」を運営。

photo
ドイツの技術イニシアティブ「スマートファクトリーKL」とは
(出典:smartFactoryKL プレスリリース)


製造業の標準化を目指すドイツの「スマートファクトリーKL」

 昨今のグローバルで活躍する製造業は、設計から部品の組み立てといった生産プロセスの全工程を連動して動かすことで、高品質な製品を効率的に製造しようとしています。

 その象徴的な動きが、ドイツが推進する第4次産業革命「インダストリー4.0」です。

 これに賛同する多くの企業は、近い将来「マス・カスタマイゼーション」を実現しようとしています。これは、顧客ごとの細かなカスタマイズを行いながらも、大量生産と同じように低コストでの生産を行う手法です。

 マス・カスタマイゼーションを実現するためには、あらゆる機器を自動的に連動させる柔軟な生産プロセスが求められています。

 このような生産プロセスを実現するため、ドイツ人工知能研究センターのデトレフ・ツュールケ教授が中心となって2005年にドイツで設立されたのが「スマートファクトリーKL(KLはドイツの都市、カイザースラウテルンの略)」です。

 スマートファクトリーKLはその名称が示す通り、よりスマート(賢い)な工場を実現するべく、40以上の企業と連携し、標準仕様の策定や新しい生産プロセスの試作などを行ってきました。

photo
スマートファクトリーKL
デトレフ・ツュールケ教授
(出典:smartFactoryKL プレスリリース)


 IBM、SAP、シスコといったIT企業、シーメンスやボッシュなどの大手メーカーはもちろん、ケーブルメーカーのLapp Kabel、プリント基板をはじめとする産業用接続機器メーカーのフエニックス・コンタクト、オートメーション機器メーカーのFestoといった部品サプライヤーなどが、スマートファクトリーKLと連携して取り組みを進めています。

画像
スマートファクトリーKLの取り組み

 こうした協調関係の中でスマートファクトリーKLが試作した生産プロセスは、ワイヤレスで機器の操作が可能です。生産ラインに流れる製品に取り付けたRFIDによって、どの仕様になっている製品がどの工程を通っているのかを検知し、モバイルやデスクトップPCからポンプの制御を行えるといいます。

 生産プロセスに関わる機器は全てコンピューターを搭載しており、顧客の要件に応じて通信を行い、協調して製造を行います。これによって、生産プロセスに接続すれば、すぐに製造が開始できる「プラグ・アンド・プレイ(プロデュース)」が可能になります。



スマートファクトリーKLが取り組む「モジュール化」の推進

 マス・カスタマイゼーションの実現するために、スマートファクトリーKLはシステムを交換可能な部品で構成する「モジュール化」を推進しています。

 モジュール化の推進によって特定の企業に依存しない標準的なルールを定めることで、要素間の接合ルールが決まり、企業間の共同作業が容易になります。もしある構成要素に変更があったとしても、その影響は最小限に抑えられるというわけです。

 ツュールケ教授は、モジュール化を「レゴブロックのように組み立てたり分解したりできるようなもの」であると定義しています。

業界全体で変革を加速化するオープンアーキテクチャ

 スマートファクトリーKLが標準化を進める際に採用しているのは「オープンアーキテクチャ」と呼ばれる設計手法で、既存の技術開発においてもしばしば見られた手法です。

 オープンアーキテクチャの例としてわかりやすいのがデスクトップPCの生産です。デスクトップPCを構成するパーツは、インテルのCPUやマイクロソフトのOSなど、ハードウェアからソフトウェアまで異なるメーカーが生産しています。

 しかし、どの会社のディスプレイやキーボードを接続しても問題なく動作します。これは、USBなどの接続端子が標準化されているからです。

 広義のオープンアーキテクチャは、参加する企業が共通のフォーマットをベースにして開発を進めるため、共通化されたレイヤーでは重複した開発が不要になるというメリットがあると言えます。

【次ページ】スマートファクトリーKLのビジョン

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます