開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/04/01

アジアの船舶需要が逼迫、米中貿易戦争による影響が見えづらい事情

連載:海運業界トレンド

今年に入り、米中貿易摩擦による不透明感が高まっている。この影響を受け、小売業者や製造業者は、中国を中心としたアジア発の船腹貨物量を前倒しで処理している。このため、アジアの船舶需給が逼迫し始めているようだ。英IHSマークイット JOC.com(ジャーナル・オブ・コマース/造船、ロジスティック、貨物トラッキング、港湾、規制、テクノロジー、ドライバルクなどの海運情報、分析を提供する業界情報誌)のシニアエディターであるビル・モンゲルッゾ氏がレポートする。

IHSマークイット JOC.com シニアエディター ビル・モンゲルッゾ

IHSマークイット JOC.com シニアエディター ビル・モンゲルッゾ

IHS Markit (ナスダック: INFO) は、世界経済をけん引する主要産業および市場に関する重要な情報、分析そして戦略ソリューションなどお客さまの解決策を提供する世界屈指の調査会社です。お客さまが直面する事業リスクおよび投資機会に対する迅速で業務効率の高い意思決定をもたらします。IHS Markitのお客さまはフォーチュン・グローバル500および世界有数の大手金融機関の80%、政府機関を含む50,000社以上。本社を英国ロンドンに置き、お客さまの持続可能かつ高収益な成長に貢献します。
URL:https://www.ihsmarkit.com / https://www.janes.com/)

photo
船舶はじめ、逼迫すればすぐに増やせるものではない

逼迫するアジアの船舶需要

 アジアの船舶需給が逼迫(ひっぱく)し始めている。それを証明するように太平洋の東回り航路のスポット運賃が連続して上昇し、輸入業者は需要逼迫と運賃上昇に備えている。ある非船舶運航業者(自らは国際輸送手段を持たない貨物利用運送事業者)は「中国発が少しタイトになり始めている」と明かす。

 輸送業者はピークシーズンの燃油サーチャージを下げたが、2019年に入り400米ドルの運賃一括値上げを申請した業者もいる。

 また、3人のコンテナ船企業幹部がIHS Markitが定期的に発行するジャーナル「JOC.com」に、アジア発の船舶は稼働率が高いと語ってくれた。うち1人の幹部は、2018年末にスポット運賃が下落したが、これはここ最近になって顕在化してきた船腹供給の増加を反映したものではなかった、と指摘している。

 全米小売業協会とハケット・アソシエイツ(Hackett Associates)が毎月発行するGlobal Port Trackerによると、コンテナ船輸入品は昨年夏以降、過去最高かそれに近い水準で推移しているが、今年に入り2月初めから前年比で減少に転じ始めそうだ、という。

 輸入品は11月に14%増加、12月には推定6.1%増加したが、1月には前年比2.1%減、2月には同1%減、3月には同1.7%減になるとの予測をGlobal Port Trackerが伝えている。

 JOC Shipping & Logistics Pricing Hub公表の上海航運交易所発表の指数によると、ここ数週間で東海岸スポット運賃は13.4%上昇し3,119米ドル/FEU(Forty Foot Equivalent Unit:貨物取扱高を示す単位)に、西海岸運賃は9.6%上昇し1,933ドル/FEUとなっている。

画像
上海コンテナ輸送貨物指数の推移
(出所:上海航運公益所発表指数)

米中貿易戦争の可能性を見越して前倒し

 2019年は、工場閉鎖期間の長さや旧正月後の回復状況について不透明感が高まっている。小売業者や製造業者は、例年なら1月に持ち込む輸入品を、米中間の貿易戦争のため前倒しで処理している。

 2018年秋には10%だったトランプ政権の関税は1月1日に25%まで引き上げられる予定だった。しかし両国は、問題解決を目指しこの引き上げと中国の報復関税を延期することで合意した。

 バルチック海運指数週次アップデートの際、この関税実施延期がスポット運賃下落につながったと述べている。米国の小売業者と製造業者にとっては、2018年11月時点で東海岸で3,778ドル/FEU、西海岸で2,582ドル/FEUまで高騰した運賃が現在の水準まで下がったという事実が慰めにもなるが、スポット運賃は今後も上昇していくはずである。

【次ページ】今後の逼迫を予測するのが困難な理由

運輸業・郵便業 ジャンルのトピックス

運輸業・郵便業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!