ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2020/12/16 掲載

セイバンが「ビジネスバッグ市場」に新規参入したワケ、社長が語った「危機感」とは

【連載】成功企業の「ビジネス針路」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
「天使のはねランドセル」で知られる大手ランドセルメーカーのセイバン。2020年11月、同社はビジネスパーソン向けバック「MONOLITH(モノリス)」の事業をスタートさせた。エースやTUMIなど、ビジネスパーソン向けバック市場は、競合ひしめくレッドオーシャンだが、はたしてセイバンは勝ち残ることができるのか。セイバン 代表取締役社長の泉貴章氏に、新ブランド立ち上げに込めた思いを聞いた(聞き手:清水大地)。

執筆:経営コンサルタント 清水大地

執筆:経営コンサルタント 清水大地

MIRARGO Director
野村総合研究所、アクセンチュアなど、14年以上に及ぶコンサルティングと実行・執行支援の経験を基に、現在はスタートアップの経営支援を中心に、日本社会の更なる飛躍を目指している。共著に「時間消費で勝つ」(日本経済新聞社)、「経営コンサルタントが読み解く 流通業の「決算書」」(商業界)など

画像
セイバン
代表取締役社長
泉 貴章氏

「MONOLITH」という新ブランドに込めた思い

──「MONOLITH」を立ち上げるきっかけについてお聞かせください。

泉貴章(以下、泉)氏:ランドセル業界で働くことになってから、長年少子化の影響が気になっていました。そこで調査会社に依頼し、将来の展望を調べたところ、2050年には現在の70%程度まで市場規模は縮小するという結果がでました。この数値は衝撃で、「どうにかしなければならない」と強い危機感を覚えたのです。

 ランドセルは日本の文化であり、普通の消費財のように買い替え、二度買いなどはほとんどない、お子さまにとっては一生に一度の商品です。ランドセルを製造・販売する企業として、この文化を守り維持するために、違う領域でせめてランドセルの売上の半分程度を稼げるよう会社を変化させておかなければならない、そう感じ事業の多角化を考え始めました。

画像
「ランドセルは守っていくべき日本の大切な文化です」(セイバン 代表取締役社長 泉 貴章氏)
(Photo/Getty Images)

新規事業立ち上げ、注意した点とは

──事業の多角化を進めるに際、留意された点があればお聞かせください。

泉氏:はじめに、どの事業領域で多角化を進めるか検討しはじめたのですが、その際、現在のセイバンの強みからあまりにかけ離れた事業だけはやめようと考えていました。やはり、自社が持つ強みを生かせる領域でないと、我々がやる意味はありません。

 次に、外部の目線を取り入れようと考えました。長年ランドセルばかりやってきた企業だと、どうしても先入観をぬぐいきれない。そこで外部の高度人材を採用し、ランドセル事業に一切かかわりを持たせずに事業の多角化に専念してもらうことにしました。

 こういった中途採用の方法は異例であり、はじめての取り組みでしたが、こうでもしないと新しいものなんて作れないと思ったのです。

──経営者にとって事業の多角化は勇気のいることだと思います。

泉氏:「小さくても兎に角やってみる」という考え方のもと、事業の多角化に挑戦しました。行動がなければ失敗はないが成功も絶対にない。現状維持は衰退だと考えていました。

 やる前から「失敗したら……」「損失がいくら出たら……」と考えていると企業は前進しません。また、新しい事業に挑戦するにあたり、まずは経験値を重ねないといけません。とにかく事業をスタートさせ、試行錯誤をしながら軌道修正をすれば良いと考えたのです。


 それでも経営が傾かないよう既存(ランドセル)事業では、徹底的に利益を生み出せるよう進化しなければならないと考えていました。

【次ページ】老舗企業が「自前主義路線」から脱却した理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます