• 2021/02/23 掲載

「シン・エヴァ延期」「ピクサー最新作公開中止」、“大作不在”映画業界のリアル(2/3)

稲田豊史の「コンテンツビジネス疑問氷解」

記事をお気に入りリストに登録することができます。

大作延期による“玉突き事故”

 一方、映画配給会社はどうか。配給会社のB氏が説明する。

「公開延期の影響は、大きく言ってふたつ。ひとつはキャッシュフロー。チケット売上が立たないので、当然その作品から得られる収入は先送りになります。大作となれば、それを見込んでかなり大きな予算を組んでいるので、経営を圧迫しますね。もうひとつは、延期した先に別の大作が控えている場合、いわゆる“玉突き事故”が起こることです」

 “玉突き事故”には説明が必要だろう。通常、映画のブッキングは、大作であればあるほど先まで決まっているので、たとえば全国何百館も開けるような大作が、4月から12月に延期するとなると、延期先の12月には、もともとその時期に公開しようとしていた超大作がすでにブッキングされている。

 結果、同時期に大作が集中する、もしくは、もともとブッキングされていた自社配給の大作を、玉突きでさらに先へと公開延期せざるをえなくなるのだ。

 なお、同時期に大作が集中すると、1作あたりの興収は確実に減る。なぜなら、普通の人が映画を観るペースは「毎週末に1本」「月に2本程度」などとほぼ決まっているため、いくら話題作でも、短期間に多くが公開されすぎると、鑑賞が追いつけなくなるのだ。これは完全な機会損失である。

振り回される映画宣伝

 映画にとって、公開前の宣伝・PRはとても重要だ。限られた宣伝予算を使って、どのタイミングでCMを打ち、どの媒体に広告を出すか。評論家やライターに向けて、いつ頃試写を回すか。テレビ・新聞・ラジオ・雑誌・WEBメディアなどに紹介してもらうべく、監督や出演者の取材稼働日を慎重に設定し、細かくスケジュールを切る。

 宣伝はタイミングがすべて。公開初日に向けて徐々に露出度を上げていき、さあ今週末公開!というタイミングで、一気にボルテージを上げる。そこに宣伝予算とPRのカロリーの多くを突っ込む。そういう努力が、突如の公開延期ですべて崩れてしまうのだ。

 公開が半年後に延期となれば、「すべて仕込み直し」となる。昨年、ある映画作品を表紙に持ってきていた雑誌があった。しかし雑誌の校了(印刷に向かう最終段階)直後に、その作品の延期が決まり、表紙を差し替えられないまま、泣く泣くそのまま刊行。それから数ヶ月が経過しているが、いまだ公開日は決まっていない。

 こうなると、せっかくの表紙起用が、宣伝効果としてはほとんど意味をなさなくなってしまう。多くの人は何カ月も前に見かけた映画の宣伝内容など、覚えていないからだ。しかも、宣伝の「やり直し」には当然、人的コストが発生する。

「配給会社が宣伝業務の一部を、外部の宣伝会社やフリーの宣伝マンに外注しているケースもあります。公開延期すれば当然、外注先の稼働期間は延びるわけですが、外注元である配給会社としても売上(配給収入)が下がっているので、宣伝予算を増やせる由もなく、追加費用を出せない場合もある。これは、外注先の人たちにとっては、かなりきつい」(配給会社・B氏)

【次ページ】SNSの「観てきたよ!」投稿ができない

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

『ゴジラ』の売上構成を大解剖、なぜ儲かる?米国ファンを取り込む“ある手法”が凄い

俯瞰して、キャラクターを見られたレポートですね。
実際に体験してきた世代としては異なる印象を受けます。
今回の-1.0は、日本映画のフォーマット、(黒沢や小津のような戦後日本の傷ついた心を抱いた人々、荒廃した国土の中で生きようとする日本人を描いたフォーマット)や、
人を背景のボケとともに丹念に映すカメラワークを踏襲した上にゴジラというキャラクターを載せた作品と思います。
米のラ・ラ・ランドみたいなものです。その視点から見ると日本の文化的状況は爛熟期を迎え(韓国もそうですが)世界的に魅力あるオリジナリティを生み出せる成長をしたと思われます。確かにUSがゴジラのキャラクターを作り続けてくれたラッキーさ、それによるZ世代を中心とした日本に対する理解力ある米国人が増えた。はありますが、今現在、あちらはポリコレだのキャラクターの焼き直しだので、映画は没落気味です。
経済が頂点を迎えた後に文化的状況が世界に魅力を振りまき、その後没落していくのは歴史の教えるところと理解しています。
米は傾き始めたのか、復活するのか。
日本はこの文化興隆をうまくビジネスに乗せられるのか、日本人がみな気が付き始めたのでこの流れが加速すると思います。
映画、音楽、ビジュアル(絵画・写真・動画)3次元的表現などの文化をグローバルに浸透させうるチャンスですね。そういう歴史的観点からキャラクターを見るともっと永続するものもあると思います。
日本は、災害の多い国です。おのずと災害をキャラクター化しますので
戦争や動乱が頻発する現代には適したキャラクターがいくつもあると思います。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます