• 会員限定
  • 2023/11/21 掲載

大林組流「2024年問題」2つの越え方、「なんでも効率化」には反対なワケ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「DX銘柄2023」に名を連ねるゼネコン大手の大林組では、現在全社を挙げて推し進めているDXへの取り組みをさらに加速させるべく、デジタル施策への投資やデジタル人材の育成により一層力を入れている。その戦略や具体的な施策、さらには現在建設業界が直面している「2024年問題」への取り組み状況などについて、同社のDX施策を率いる常務執行役員 DX本部長 岡野英一郎氏に聞いた。
聞き手、構成:編集部 山田 竜司 執筆:吉村 哲樹

聞き手、構成:編集部 山田 竜司 執筆:吉村 哲樹

photo
“いま”と“あるべき未来”をDXでつなぐことを目指す大林組

「データドリブン」な教育施策で効果を上げていく

 弊社ではDXという言葉が取り沙汰されるようになるはるか以前から、デジタル人材の育成に力を入れてきました。たとえば弊社はBIM(Building Information Modeling)に早くから取り組んできましたが、協力会社のBIM人材の育成を社内で実施してきました。

 具体的には、生産設計の協力会社人材に対してBIM留学という形で一定期間(通常1~3ヶ月間)社内にてBIMの概念から弊社SBS基準によるモデリング技術までを習得して頂いた後、最前線の工事現場に送り出すというということを持続的に行ってきました。こうした施策が功を奏して、その後のBIMの取り組みも極めてスムーズに運びました。

 こうした背景もあって、DXについても人材の育成を極めて重要視しています。DX本部の中にデジタル教育課という教育に特化した部署を設けているのもその表れの1つです。具体的な教育施策としては、対面やオンラインによる研修が中心ですが、弊社ならではの特徴を挙げるとすれば「データドリブン」の手法を教育にも取り入れている点がユニークかもしれません。

画像
全社的DX│デジタル人材の育成
(出典:大林組)

デジタルを押し付けることはない、変われないものは去るのみ

 研修の受講状況やサイトの閲覧状況などを適宜モニタリングしてデータ化することで、どういう年代の社員が何人受講して、どんな反応を示しているかといった点を可視化・分析しています。

 そしてその分析結果を基に、さらに多くの人に研修を受講してもらうための施策を検討するというPDCAサイクルを回し続けています。そのおかげで受講率は順調に伸び続けていて、中には700人近くも受講するようなオンライン研修も出てきました。

 その一方で、社員に研修の受講を義務付けるようなことはしていません。年配の社員の中には精神論を振りかざしてデジタルを否定する者もいますが、そういう人にまで無理にデジタルを押し付けるつもりはありません。

 たとえ、そうしたデジタル化に対しての抵抗勢力があったとしても、若い30代、40代の社員たちは自ら危機感を覚えて積極的に新しいことを学んでいます。こうして徐々に社内にデジタルが浸透してきてマジョリティになってくれば、自ずと抵抗勢力も少なくなっていくものと確信しています。

何にでも抵抗したり、否定したりすることは簡単なことですが、我々技術者は、常に世界潮流と業界動向、果ては、我々の業態の未来のあるべき姿を認識しておく必要があると思います。

 しかしながら、セキュリティ教育だけは別です。これに関しては最後の1人まで必ず受講させるようにしています。 【次ページ】「2024年問題」を乗り越えるための2つの方法

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます