• 会員限定
  • 2023/10/17 掲載

生成AI活用事例:マクドナルドらはどう活用? 広告制作・商品開発・ECでは当たり前に

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
文章や画像などを自動で生成する「生成AI」の活用がさまざまな分野で広がっている。中国では広告最大手「藍色光標」(BlueFocus:ブルーフォーカス)が生成AIを本格導入するため、クリエイターなどの採用を停止したことが大きな話題を呼んでいる。すでに小売や広告の分野では、生成AIの活用は“前提”となりつつあり、「AIによる失業」が始まっている。実際のビジネスで生成AIがどのように使われているのかを実例とともに紹介しよう。

執筆:ITジャーナリスト 牧野 武文

執筆:ITジャーナリスト 牧野 武文

消費者ビジネスの視点でIT技術を論じる記事を各種メディアに発表。近年は中国のIT技術に注目をしている。著書に『Googleの正体』(マイコミ新書)、『任天堂ノスタルジー』(角川新書)など。

photo
あなたが普段見ている動画配信者も“いつも本人”とは限らない? その理由は次ページで解説
(Photo/Shutterstock.com)

中国広告大手では特定の職種の雇用を無期限停止に

生成AIで1分にまとめた動画
 2022年11月に対話型AI「ChatGPT」が登場して以来、「AIに奪われる仕事」に関する議論が再燃している。

 中国では、デジタル広告制作大手「藍色光標」(BlueFocus:ブルーフォーカス)の社内メールがSNSに流出し、大きな話題になった。そのメールとは、生成AIを本格導入するため、クリエイティブデザイン、コピーライティングの2つの職種について、短期雇用とアウトソーシング契約を無期限に停止するという内容だった。

 BlueFocusでは現在、2000人の従業員すべてに3年から5年で生成AIのスキルを取得させる「All in AI」(AIにすべてを賭ける)戦略を進めている。この方針と理由がわかる事例がある。

 四川省眉山市が観光プロモーションをBlueFocusに依頼したところ、その観光大使に任命されたのは、「蘇小妹」というバーチャルキャラクターだった。眉山市は有名な文人・蘇軾の故郷であり、その蘇軾の妹をイメージして制作されたキャラクターで、宋時代の文化と蘇軾の作品を前面に出して、眉山市の観光プロモーションを展開する予定のようだ。

画像
BlueFocusが眉山市のために制作したバーチャルアバター「蘇小妹」
(出典:藍色光標公式サイト)

 従来の手法であれば、人間のモデルを起用して宋時代の衣装を制作し、眉山市で撮影をすることになるだろう。これがすべて生成AIに置き換えられる。コンテンツの展開先が、SNSや動画共有サイトであるため、バーチャルキャラクターのほうがマッチするのだ。

マクドナルドは広告制作に生成AIを活用

 すでに広告制作の分野では生成AIは当たり前に使われるようになっている。

 中国のマクドナルドでは、無料で配布しているデジタル小冊子「冲浪月刊」のvol.003で、生成AIを使ったビジュアルを公開し、大きな話題となった。

 それは「マクドナルドのおなじみのメニューが、1000年前の文化遺物として出土した」という設定で、フライドポテトなどが中国で有名な文化遺物になっているというクリエイティブだ。

画像
マクドナルドは、人気メニューが1000年前の遺跡から発掘されたという設定で、文化遺物に模したビジュアルを、無料配布のデジタル雑誌で展開した
(出典:中国マクドナルド公式サイト)

 モチーフとなっているのは、故宮博物院などに収蔵されている国宝級の文化遺物で、青銅器、白メノウ、青花磁器など中国国内ではよく知られているものだ。手作業によって描けないビジュアルではないにしても、生成AIを使って、今まで見たことがないイメージを見せることに成功している。

 もはやクリエイティブな職種では、生成AIは避けて通れない技術だ。2016年から毎年開催されているアリババ主催の「淘宝造物節」(タオバオ・メイカー・フェスティバル)では、毎年テーマに沿ったビジュアル、映像、デザインなどが出品されるが、2023年は「人類とAIの共生」がテーマになった。そのティザー映像も、生成AIを活用して制作されているという徹底ぶりだ。

2003年のタオバオ・メイカー・フェスティバルのティザー動画。全面的に生成AIを活用して制作されている。2023年のテーマは「人類とAIの共生」
【次ページ】「EC大国」は生成AIをどう活用? ECやライブコマースでの活用事例

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます