• 会員限定
  • 2012/09/04 掲載

【金融機関CIO対談:東京スター銀行 村山豊氏】次世代CRM構築と勘定系システムの刷新を推進する、東京スター銀行のIT戦略

東京スター銀行 専務執行役 最高情報責任者 村山豊氏 vs.ファルチザン 代表 大塚賢二氏

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
グローバル化や少子高齢化、金融商品に対するニーズの多様化等、ビジネス環境が日々変化し、競争が激化する金融業界。こういった環境の中、勝ち残るには独自の戦略が求められ、それを効果的に具現化するIT戦略が欠かせない。当連載は、金融機関向けにコンサルティングサービスを展開する国際金融総合研究センター ファルチザンの代表 大塚賢二氏が、各金融機関のCIOにIT戦略をお伺いする。第1回目は、東京スター銀行。

国際金融総合研究センター ファルチザン 大塚賢二

国際金融総合研究センター ファルチザン 大塚賢二

1989年(平成元年)、日本長期信用銀行入行。以来、大手金融機関、コンサルティングファーム等にて、統合リスク管理の責任者等、ほぼ一貫してリスク管理やコーポレート・ガバナンスに関する実務およびアドバイザリーサービスに従事。大小金融機関でのリスク管理や経営企画等の現場経験に根差した具体性と、コンサルティングファームにおいて国籍/業種/分野を問わずさまざまなクライアントと接して培われた客観性を併せ持ったサービスに特徴。また並行して、内外金融規制や金融機関経営管理についての著述および提言も積極的に行っている。

東京大学法学部卒業。
ニューハンプシャー州公認会計士。
社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
日本CFO協会グローバルCFO(米国CTP)。
国際総合防災学会会員。
地活アソシエイツ 代表


 東京スター銀行といえば、資産形成のための情報とアドバイスの提供に特化した新しい形態の銀行店舗「ファイナンシャル・ラウンジ」を全国主要都市に展開し、対象となる預金の残高と同額分にはローン金利が一切かからない預金連動型住宅ローンのわが国におけるパイオニア「スターワン住宅ローン」、自行劣後債を組み入れたファンド「スター劣後債ファンド」、自宅を担保にローンが借りられる新型リバースモーゲージ「充実人生」などユニークな金融商品を取り扱い、その革新的で付加価値の高いサービスは常に注目の的。有力メディアの各種調査でも、ランキング上位の常連だ(2011年11月日本経済新聞社第7回銀行リテール力調査「商品充実度ランキング」第3位、2012年1月同社第8回日経金融機関ランキング「投資信託や外貨預金などの説明が親切でわかりやすい」第1位)。そんな東京スター銀行の最新のIT戦略とそれを支える運営上の秘密とは。同行の情報システムを統括する専務執行役 最高情報責任者 村山豊氏に語っていただいた。

中期経営計画「NEXT 10」を掲げ、次の10年へ

photo
左より、東京スター銀行 専務執行役 最高情報責任者 村山豊氏、ファルチザン 代表 大塚賢二氏

【大塚賢二(以下、大塚氏)】
――本日は、東京スター銀行さんのサービスの随所に見られる自由な発想の源泉ともいえるIT戦略についてお話を聞かせてもらえるということで、大変楽しみです。よろしくお願いいたします。最初に、御行の現況についてはどのようになっているのでしょうか。

【村山豊氏(以下、村山氏)】
2001年の創業から11年が経過し、次の10年へ向かっている最中です。リーマンショック以降の国内外の厳しい経営環境や、東日本大震災の影響などにより、連結ベースで10年3月期、11年3月期と連続の赤字となっておりましたが、前期は当期純利益が26億円と黒字を回復しました。このことは、当行が、過去の不安要素を払拭し、次の10年に向けて成長するための準備が整ったことを示すものであると考えています。

【大塚氏】
――そうですか。次の10年に向けて新たなステージに入られたというわけですね。

【村山氏】
将来に向けてさらに飛躍するための基礎を固め、持続的な成長を確保するための基本経営方針である中期経営計画「NEXT 10」を策定し、その実施に向けて行内一丸となっているところです。「NEXT 10」は、「信用コストマネジメント能力の抜本的向上」「資本効率性の徹底的追求」「持続的成長の確保」「円滑な金融仲介機能の発揮」の4つの柱より構成され、それぞれを一つひとつの施策に落とし込み、実現に向けて鋭意努力しています。

【次ページ】攻めのCRM「統合CRMシステム構築プロジェクト」

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

仮想化戦国時代再び

 パブリッククラウドやプライベートクラウド、仮想基盤、コンテナ基盤など、様々なサービスやツールが提供され利用可能となっている現在、それらをどのように組み合わせて利用するか、そして、その環境を如何に効率的に運用管理していくのか、IT管理者にとっての大きな課題です。  慎重に検討し最適と考えた環境を導入したが、パブリッククラウドのコスト高騰やベンダーの突然のポリシー変更によるプライベートクラウド環境の再検討など、外的要因も含め色々な問題が発生し、都度、対応が求められている。そんなお客様も多くいらっしゃるかと思います。このような様々な問題への対応が必要な今こそ、個々の問題への対策にとどまらず、新たなITの姿を考える良いチャンスではないでしょうか。  変化による影響を受けやすい現在のIT環境から脱却し、ITインフラに依存しない柔軟な運用環境を実現する。ITインフラを意識する事なくマネージメントできるニュートラルな運用環境へシフトする。サービスやツールの導入・変更にもスムーズに対応でき、求められるユーザーサービスをタイムリーに、そして安定的に提供できる、そのような変化に強く、かつ進化に対応する次世代運用プラットフォームの実現が、今、求められていると考えます。  本セミナーでは、次世代運用プラットフォームを実現する2つのキーソリューションをご紹介します。1つ目はMorpheus Cloud Management Platform。セルフポータルサービスに代表されるように、シンプルでありながらパワフルかつ柔軟な統合運用環境を実現します。もう1つはOpsRamp。AIOpsやオブザーバビリティなど個々の機能にとどまらず、多様な要素で構成され様々な要件が求められるハイブリッドクラウド環境にニュートラルに対応する。真にエンタープライズレベルの統合監視環境を実現するソリューションです。 HPEの考える次世代の運用環境をぜひご体験ください。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます