• 2013/01/23 掲載

KDDI・KCCS・インフォア、東南アジア展開の中堅製造業向けERP提供で協業

記事をお気に入りリストに登録することができます。
KDDIシンガポール(以下KDDI-S)、京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)、インフォアジャパンの3社は23日、東南アジアで事業展開する製造業向けのERPソリューション分野で協業すると発表した。日本の中堅製造業の海外進出を支援する。
 日本の製造業が海外進出する際に、現地に即した販売管理と会計管理が挙げられる。特に東南アジア各国では、現地特有の商習慣や税制、法制度などに対応する必要がある。

 こうした背景を受け、KDDI-S・KCCS・インフォアが協業し、グローバル展開を望む主に中堅製造業向けに、販売から会計、生産管理までをワンストップで提供するSaaS型ERPサービスを提供し、海外事業展開のスモールスタートを支援する。

 インフォアの中堅・中小企業の製造業向けERPパッケージ「Infor SyteLine」に、現地販売管理機能や制度会計、グループ内連結経営管理に対応したKCCSのアドオンモジュールを付加し、KDDI-Sのデータセンター「TELEHOUSE Singapore」においてサービスプラットフォーム化して、サービスメニューを各種用意する。

 サポート面では、製造業の東南アジア展開向けのプロフェッショナルチームが、ヒアリングからサービス利用開始までサポートするという。また、導入後のサポート窓口は英語・日本語をはじめとする各国言語にて対応する。

 KDDI-Sは、シンガポールのデータセンター事業の運営および東南アジア地域でのシステムインテグレーションで培ったノウハウを持つ。KCCSは世界各国に拠点をもつ京セラの海外展開を支え、現地の税制や会計基準などのノウハウを蓄積している。インフォアの「Infor SyteLine」は製造業の基幹業務に必要な各種機能を搭載し、全世界で5,500サイト、アジア太平洋地域で1,400サイトに導入された実績がある。

 3社はそれぞれのもつノウハウを組み合わせ、グローバルなサポートネットワークや海外導入実績をベースに、総合的なICTのサービスをワンストップで展開していくとしている。

関連記事

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます