開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/01/24

日立製作所と日本マイクロソフト、「Virtage for Hyper-Vソリューションセンター」を開設

日立製作所は24日、サーバ仮想化分野において日本マイクロソフトとの連携を強化すると発表した。具体的には、日本マイクロソフトが提供する仮想化機能「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」(以下、Hyper-V)と、日立のブレードサーバ「BladeSymphony」に搭載されているサーバ論理分割機構「Virtage(バタージュ)」を組み合わせたソリューションの開発、提供を行う「Virtage for Hyper-Vソリューションセンター」を共同開設する。

 今回の連携強化に先立ち、両社は、論理的に分割した独立性の高いサーバ区画(LPAR)上で、複数のサーバ仮想化ソフトウェアの安定的な動作を実現するVirtageの技術に、Hyper-Vを適用できることを共同で検証していた。

 今回、新たに共同開設したセンターにおいて、日立は本検証結果をもとに、Hyper-VとVirtageの組み合わせで、効率的なクラウド運用を実現する「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を開発し、2013年度上期から提供を開始する。

photo
VirtageとHyper-Vによる連携のイメージ

 本ソリューションにより、クラウドサービス事業者や企業の情報システム部門は、1台の物理サーバ上に複数のHyper-V環境を集約可能となり、仮想サーバ運用の柔軟性を損なうことなく、LPAR間の高い独立性を活かした、より効率的なサーバ資産の活用を実現できるという。

 なお、日立はレッドハットとも共同で、Virtage上でRed Hat Enterprise LinuxのKVMが複数動作することを検証している

 日立は今後、2013年度中に日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」へ「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を適用する予定という。

お勧め記事

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!