開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/05/30

キヤノンソフトが「Web Performer V1.3.1」 多言語対応のWebアプリ100%自動生成

キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア(以下、キヤノンソフト)は30日、日英中などの多言語に対応した業務用Webアプリケーション開発ツール「Web Performer V1.3.1」を5月31日より発売すると発表した。価格は300万円から。

 「Web Performer」は、2005年から発売を開始し、企業内の開発部門やSIベンダーなどさまざまな分野の開発現場で250社以上の導入実績を持つ業務用Webアプリケーション開発ツール。プログラミングレスで、業務・設計ノウハウから基本設計情報を定義すると、Webアプリケーションを100%自動生成するのが特徴。

photo
Web Performer V1.3.1の多言語対応のイメージ

 新たに発表された「Web Performer V1.3.1」では多言語に対応したWebアプリケーションの100%自動生成を実現。生成されたWebアプリケーションは、任意に表示言語を切り替えて利用することができる。このため、各言語ごとにWebアプリケーションの生成やメンテナンスをする必要がなく、開発・運用面で効率化できるという。

 初期設定では日本語、英語、中国語(簡体字)に対応しているが、翻訳した言語リソースファイルを登録することで、それ以外の言語にも対応できる。なお、各言語への表示切換えは、利用者ごとにブラウザの設定で行う。

 海外拠点でもWebアプリケーションを利用する日本企業をターゲットに、グローバルでビジネス展開している企業のWebアプリケーション開発を支援する。

 キヤノンソフトでは、大手・中堅企業のIT部門やSIベンダーなどを中心に、2016年までに40億円(導入に関するシステム開発を含む)、累積1000社の販売を目指す。

 価格は、Web Performer SE版が300万円(税別)から。なお、本製品で本番環境はIBM System i/Windows環境に限定されている。Web Performer EE版は500万円(税別)から。

Web開発 ジャンルのトピックス

Web開発 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!