開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/08/09

川崎重工、中国で二輪車を販売 レジャーで楽しむ層をターゲット

川崎重工は8日、中国で二輪車の輸入・販売を開始すると発表した。中国で多様化するニーズを捉えて、新たな顧客層の拡大を狙う。

photo
Ninja ZX-14R
 川崎重工は、2013年8月18日から、中国現地法人である川崎重工管理(上海)有限公司を通して中国における二輪車の輸入・販売を開始する。

 世界最大の二輪車市場である中国では、近年の経済発展に伴って、趣味・嗜好が多様化。それに合わせて二輪車を「交通手段ではなくレジャーとして楽しむ」層をターゲットとするという。

 中国市場において、フラッグシップモデルである「Ninja ZX-14R」をはじめ、スタイリッシュなミドルサイズスポーツモデルである「Ninja 650」や「ER-6n」、など中・大型モデルを中心に二輪車の販売を開始する。

 販売店については、上海や北京、成都などの大都市を中心に展開し、販売開始後5年以内に年間5000台規模の販売を目指す。

関連記事

新規顧客開拓 ジャンルのセミナー

新規顧客開拓 ジャンルのトピックス

新規顧客開拓 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!