開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/08/15

会計ソフトの弥生、クラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」を直販開始

中堅中小企業・個人事業主向け業務・会計パッケージ「弥生シリーズ」を手がける弥生は15日、クラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」の直販を開始すると発表した。今後は従来の弥生PAP会員を経由して申し込む方法に加えて、利用者自身が弥生ホームページから直接申し込むことができるようになる。

photo
 「やよいの店舗経営 オンライン」は、経理の知識を必要とせず、日々の売上や仕入、経費といった売上日報の情報を入力するだけで収支状況を把握できる弥生初のクラウドサービスとして、2012年9月3日(月)よりサービスを開始していた。

 これまで、同サービスの申し込みは弥生のパートナー会計事務所(弥生PAP会員)経由のみだったが、8月15日より、利用者が弥生ホームページから申し込みをするだけで、同サービスを利用できるようになる。

 これにより、弥生PAP会員との契約がない利用者でも「やよいの店舗経営 オンライン」を利用することができる。また、利用者の必要に応じて弥生PAP会員との契約もできるので、同サービスを通じて収支状況や経営に関するアドバイスを会計事務所からリアルタイムに受けることも可能。

 初期費用は無料、月額利用料は1,470円(税込)、利用開始日より最大2ヶ月間は無料となる。また、利用料には、弥生による操作サポート費用も含まれる。支払い方法は現時点ではクレジットカード払いのみ。順次拡大する予定という。

関連記事

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!