開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/09

日本ユニシス、音波を利用した「位置情報連動型O2Oサービス」

日本ユニシスは9日、音波を利用したO2Oサービスの実証実験第二弾を実施すると発表した。

 音波を利用したO2Oサービスとは、音波通信による位置情報連動型サービスで、音波ID発信装置から出る音波信号をスマートフォン・アプリケーションがマイクで受信してチェックインが行われ、受信した音波IDに対応する情報を配信する仕組み。

photo
音波を利用した位置情報連動型サービスの特徴

 利用者は音波ID発信装置に近づくだけで、最新情報やポイント、クーポンの入手、Webサイトへのアクセスなどのサービスが利用できる。

 日本ユニシスは、2013年6月に開催したイベントで、音波を利用したBtoB向けO2Oサービスの実証実験に続き、今回10月9日から11日に開催される「ITpro EXPO 2013」において、日本ユニシスグループ各社とパートナー企業である日本ヒューレット・パッカード、ウイングアークの出展ブースに音波スポット(音波ID発信装置を設置した場所)を配置し、各ブースを訪れた来場者に、音波を利用したO2Oサービスを体験してもらう実証実験を行う。

 来場者は、スマートフォン・アプリケーションを起動し、ブースに設置した音波スポットに近づくと、ブースの紹介情報・擬似通貨(ポイント)などを自動受信でき、さらにビンゴゲームを楽しみながらブース回遊ができるという。

 日本ユニシスは、今後も実証実験を実施し、音波などによるチェックインが可能な、位置情報連動型ソリューション「OPENSMARTR」(商品化企画中)の提供に向けた取り組みを実施していく考え。

 また、O2Oサービスの仕組みから得られるデータの分析についても、処理基盤や分析手法を提供していくという。

photo
O2O×CRM×BI×ビッグデータを活用したマーケティング強化イメージ

O2O・オムニチャネル ジャンルのトピックス

O2O・オムニチャネル ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!