開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/01/20

三菱重工業、 ファイルサーバ統合管理にジャストシステムの「GDMS」を採用

ジャストシステムは20日、三菱重工業がファイルサーバの可視化・分析するファイルサーバー統合管理システム「GDMS(Green Document Management System)」を採用したことを発表した。

 三菱重工業の技術統括本部では、数年前よりファイルサーバの統合を進め、一元管理する体制を構築している。

 日常業務で増加するデータが35テラバイトを超え、データ整理が急務となっていたという同社は、残すべきデータと削除・アーカイブすべきデータの選別を実現するため、ファイルサーバ内の可視化製品を選別。ファイルサーバ内の分析結果を「レポート」機能で表示でき、操作性にも優れていると評価し、ジャストシステムの「GDMS」を採用したという。

 「GDMS」の導入により、陳腐化したファイルや、巨大な不要ファイルを「レポート」機能を使って把握でき、1週間の作業で20パーセントものデータ削減を実現したという。

 三菱重工業では、今年度中に3部門に「GDMS」を導入し、最終的には全社で20~30パーセントの削減効果を目指して全部門への展開を進めていく予定。

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!