開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/02/14

楽天、LINE競合のバイバーメディア(Viber Media)を買収 スマホECへ布石

楽天は14日、インターネット電話(VoIP)サービス「Viber」を手がけるViber Mediaを買収すると発表した。

関連記事
 バイバーメディアは、iOSやAndroidでインターネット電話やショートメッセージを無料で利用できるアプリケーション「Viber」を提供している企業。登録ユーザー数は、約2億8,000万人にのぼる。

 楽天では今後、Viberユーザー向けにECサービスを展開していくという。

 Viberと競合するLINEは、2013年11月に3億人を突破しており、12月には「LINE MALL(ラインモール)」というB2C、C2Cのネット通販サービスを開始している。

 現在、ネット通販利用者のスマホ利用、あるいはマルチデバイス化が進んでおり、LINE上での物販が本格化すれば、楽天にとって大きな脅威になる。

 そこで、今回、同じメッセージングサービスを手がけるViberを買収することで、こうした動きに対応するとともに、海外のユーザーが多い同社基盤を足がかりにしたグローバル展開を加速する。

 メッセージングサービスとしては、老舗の「Skype」のほか、「WhatsApp Messanger」が台頭している。既存登録者数や月間アクティブ利用者数など、それぞれ公開している情報が異なるため単純比較が難しいが、Viberは世界3位から5位の規模とみられている。

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!