開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/11/14

NECが東南アジアで自動車販売店向けクラウドサービスを開始 1万店導入目指す

NECは14日、タイをはじめとする東南アジア各国で自動車販売店(ディーラー)向けクラウドサービスを販売すると発表した。

 本サービスは、新車販売・部品販売・保守サービスなどに関する各種管理機能や、販売統括会社向けのマスタデータ管理機能、各種レポート機能などを提供するというもの。各販売店向けに導入教育サービスやヘルプデスクサービスも提供する。

 これらにより自動車メーカは、各販売店に対して、高品質な顧客サービスの提供を支える販売・保守管理の仕組みを迅速・低コストに導入することが可能になるという。

 価格は一店舗当たり月額9万円から(タイの場合)。

 NECは本サービスを、東南アジアに進出する自動車メーカや販売店に提供する。また今後、サービス提供地域を拡大し、2018年度までに1万店舗への導入を目指すという。

関連記事

販売管理・原価管理 ジャンルのトピックス

販売管理・原価管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!