開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/12/15

トヨタがトヨタであるために──豊田社長が語る自動運転カー、水素自動車のこれから

【対談】豊田 章男社長×マーク・ベニオフCEO

「社長に就任してからのこの5年間、会社を潰さないように、ただひたすら必死にやってきた」──先日、セールスフォース・ドットコムの国内カンファレンス「Salesforce World Tour Tokyo」で最後のセッションに登壇したトヨタ自動車 社長 豊田 章男氏は、2009年に社長に就任してからの5年間をこう総括した。事実、トヨタと豊田社長が歩んできた5年間は決して平坦ではなく、現在もトヨタを含む自動車産業そのものが、存在意義を根本から問い直されるほどの大きな節目を迎えている。本稿では豊田社長とマーク・ベニオフ 米Salesforce.com会長兼CEOとの対談から、豊田社長が描く”トヨタウェイ”のアプローチに迫ってみたい。

五味 明子

五味 明子

フリーランスライター。札幌市出身。東京都立大学経済学部卒。複数のIT系出版社の編集部に編集者として所属した後、2011年からフリーに。フィールドワークはクラウドコンピューテング、オープンソース、セキュリティ、アプリケーション開発などエンタープライズITが中心。海外イベント取材が多く、1年の半分近くを出張先で過ごす。
Twitter:http://twitter.com/g3akk

マーク・ベニオフとの友情を強めたソーシャルネットワーク

photo
トヨタ自動車 代表取締役社長 豊田 章男氏(写真左)、
米Salesforce.com 会長兼CEO マーク・ベニオフ氏(写真右)

「この対談に出てほしいと言われたのは本当につい最近。でもマークの頼みなら断れないかな、仕方がない。マークとは(対談前の)打ち合わせもしないし、そもそも打ち合わせに意味がない。まったく最初に決めた段取りと違う内容になるんだから(笑)」

 セッションの冒頭で、トヨタ自動車 代表取締役社長 豊田 章男氏はSalesforceのCEO マーク・ベニオフ氏についてこのようにコメントしている。ハワイで初めて会って以来、公私ともに親しい関係にある2人だが、豊田社長はベニオフCEOとのエピソードの1つに、ソーシャルメディアの存在を教えてくれたことを挙げている。

 2010年、社長就任からわずか1年後の豊田社長を襲った新型「プリウス」の全世界リコール問題。当時の豊田社長は米政府の公聴会に出席せざるを得なくなるなど、緊張した時間を過ごしていた。

 苦しい立場に置かれていた豊田社長が、試練を乗り越えるために心の拠り所にしたのは、やはりクルマだった。豊田社長はレーサーとしてサーキットを走行するほどのクルマ好きとして知られており、スポーツカーのエンジン開発などにも自ら積極的に関わっている。父親で現・トヨタ自動車 名誉会長 豊田 章一郎氏から「自分一人の身体ではないという自覚が足りなすぎる」と苦言を呈されるほど、クルマは豊田社長にとって不可分の存在だった。

「私は心の底からクルマを愛している。この試練を乗り切るためには、自らがハンドルを握り、トヨタのクルマは安全だと示すことだと考えた。全世界の従業員に範を示すためにも、それしか回答がないと考えた。

 自分の時間は24時間しかないからどうしても優先順位を付けざるを得ない。中にはメッセージが届かない人がいるかもしれないがそれはあきらめるしかない……そう思っていたとき、マークからアドバイスをもらった。

 ”ソーシャルを使えばもっとたくさんの人に、もっとたくさんのことを伝えることができる”と。人間の魅力の出し方、伝え方は変わってきている、1つの方法だけにこだわらなくてもいい、そのことを教えてくれたマークに、心から感謝している」(豊田社長)

 豊田社長のコメントを受け、ベニオフCEOは「世界はあらゆるものがつながる方向に向かっている。”One World”という概念を理解し、実践したからこそ、我々(トヨタとSalesforce)は成功することができたように思う」と答えている。

 トヨタは2011年、クルマと顧客、販売店、メーカーをつなぐソーシャルネットワーク基盤「TOYOTA friend」や、全世界のトヨタ従業員をつなぐ企業内ソーシャル「TOYOTA Chatter」をSalesforce.comのコラボレーションツール「Chatter」ベースで構築しているが、こうした事例においても豊田社長の意向が強く働いている。

トヨタの自動運転カーには”愛”が必要

 冒頭でも触れたように、自動車産業は現在、大きな節目を迎えている。中でも注目を集めているのが、Googleの実験でも知られる自動運転カーの今後だ。ベニオフCEOから自動運転カーについての質問を受けた豊田社長は「IT業界が考える自動運転と、我々クルマ屋が考える自動運転は根本から異なる」と断言する。

「大切なクルマのことを人は”愛車”と呼ぶ。これはクルマだけで、冷蔵庫やテレビに対しては使わない。モビリティに愛を感じ続けてもらうためにも、我々は愛のある自動運転を追求していかなくてはならない。

 A地点からB地点に運ぶ、それだけでは我々の求める自動運転ではない。芸術でもなんでもそうだけど、人間を動かせるのは人間だけ。クルマも最後は人間が扱う部分を残しておくべき。これに関しては最後の最後までこだわっていきたい。

 でも、IT企業とのコラボレーションは非常に魅力的だと思っている。”走る”、”止まる”に”つながる”が加われば、真の意味でサステナブルで魅力的な自動運転カーが誕生するかもしれない」(豊田社長)

 ここで、魅力あるクルマとはどういうものなのかという指摘に対し、豊田社長は「何層ものフィルターを経由してできあがったクルマ」と答え、「クルマは作る側のフィルターにセンスがあることが重要。だからフィルターの精度は常に上げていかなければならない。こういう場所に来て、マークのような刺激的な人と話をすることもフィルターの精度を上げることにつながる」と述べている。そうであるなら、自動運転カーはまだトヨタのフィルター検査に合格していない状態にあるのだろう。

 【次ページ】 水素自動車はMIRAIへの第一歩

新規事業 ジャンルのトピックス

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!