開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/03/13

カゴメと三井物産、マレーシアにトマト加工品事業の新会社「カゴメ ロンソン」設立

三井物産とトマト加工品事業大手のカゴメは13日、マレーシアの業務用調味料メーカーであるLongson Food Products Sdn. Bhd(以下、ロンソン社)と共同で、ASEAN地域などのハラル市場向けに業務用トマト加工品と調味料の製造・販売を行う事業会社「Kagome Longson Pdn. Bhd (以下、カゴメ ロンソン)」を設立したことを発表した。

photo
事業スキーム
 三井物産とカゴメの発表によれば、経済発展と人口増加が続くアセアン地域では、総人口約6億人のうちイスラム教徒が50%弱を占めており、イスラム教に則って食べることを許されたハラル食品の需要拡大が見込まれているという。

 くわえてASEAN地域では、食生活の多様化にともない欧米外食チェーンの出店が増加しており、ピザソース等のトマト加工品及び調味料市場が拡大するという。

 今回事業会社を共同で設立するロンソン社は、創業以来マレーシアで調味料の製造を手掛けており、ハラル認証取得の豊富な知識や経験を有する。カゴメ ロンソンはカゴメの顧客基盤とロンソン社のハラル調味料の製造ノウハウを組み合わせ、ASEAN地域を中心とした業務用トマト加工品及び調味料市場への本格参入をはかる。
関連記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!