開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/06/23

NTT都市開発、「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を全社導入

SAPジャパンは23日、NTT都市開発の社内経営情報システム基盤に「SAP Business Suite powered by SAP HANA」が導入されることを発表した。

 NTTグループの総合不動産会社であるNTT都市開発は「アーバンネット」シリーズをはじめとしたオフィスビルの開発・賃貸、及び「ウエリス」シリーズの分譲マンションの開発・販売を軸に事業展開している。同社は成長を目指して「中期ビジョン2018」を策定し、その一環として、経営管理力の強化、バックオフィス業務の生産性向上等を目指してた全社BPRプロジェクトを推進してきた。

 今回同社は、上記プロジェクトの目標達成を支援するため賃貸管理、工事管理、分譲管理、管理会計用基幹システムとして、SAP Business Suite powered by SAP HANAを採用。SAP Business Suiteの機能の一つであるSAP Real Estate Managementが、不動産管理に必要な機能を豊富に備えている点、グループ会社全体の事業活動に対応している点が評価された。

 同製品導入により、基幹業務系データと分析系データを一元管理できるため、瞬時に基幹業務データを分析して、リアルタイムでのデータ閲覧が実現できるという。NTT都市開発では、2016年4月の運用開始に向けたシステム開発を推進していく。

関連記事

ERP・財務会計・人事給与 ジャンルのトピックス

ERP・財務会計・人事給与 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!