開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/07/06

小学生の息子からヒントを得てワークスタイル改革 フジテックCIOが語る「働き方2.0」

ここ数年間でスマートフォンやタブレットがビジネスの現場で急速に普及しはじめ、ワークスタイルが大きく変容しつつある。エレベータ、エスカレータなど空間移動システムの専業メーカーであるフジテックも、働き方を大きく変革した企業の1つだ。同社のIT化を強力に推進してきた友岡 賢二氏は、従来の働き方とは異なるコミュニケーションやコラボレーションの実践例について紹介した。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

壁があるITこそがシャドー、壁の外にこそサニーサイドのITがある

photo
フジテック 執行役員 情報システム部長
友岡 賢二氏
 フジテックは、「セカエレ」を標榜し、世界中に安全・安心なエレベーターやエスカレーターを供給している専業メーカーだ。取扱い製品がインフラという特性もあるが、製品を納入して、現場に設置し、メンテナンスするという長いスパンにおいて、顧客の信頼をいかに勝ち取っていくかということが同社のビジネスで最も重要な点になるという。

 同社は積極的にビジネスにITを取り入れてワークスタイルの改革を推進している。いまでこそGoogleハングアウトなどを使い熟しているが、同社の執行役員 情報システム部長 友岡 賢二氏が初めてGoogle Appsを知ったのは息子の宿題がキッカケだった。

「家族旅行の際に、小学生の息子が空港やホテルに設置されているPCを使って作業をしていたので、何をしているの? と訊ねたところ、宿題をやっていると答えが返ってきました。実はその宿題とは、Googleプレゼンテーションで作文を書くというもの。彼は旅行の先々で、ちょっとした時間をみつけては、宿題をこなしていました。これにはすごく驚きました」(友岡氏)

 このようにクラウドを利用して宿題をこなす自分の子供を見て、友岡氏は「21世紀に生まれた子供たちは、もはやクラウドもモバイルもネイティブな世代になっている」と痛感し、世代間ギャップを感じるとともに、今がどういう時代になったのか、あらためてCIOの立場から再考したという。

「もし自分がスタートアップ企業を興してビジネスを始めたと想像してみましょう。ガレージで創業するとき、自分のお金を出してビジネスソリューションやサービスを手に入れたいと思うかどうか考えてみました。たとえば、ガレージの横に発電機を置いたり、免震構造のデータセンターをつくったり、エアコンで空調を一日中制御するかというと、絶対にそんなことはありえません。私は、そういう基準に則ってソリューションを選んでいます」(友岡氏)

 友岡氏は、今問題になっているシャドーITについても、独自の見解を持っている。

「企業ITは屈強なセキュリティの壁で守られています。そのため外にあるシャドーITは、管理者にとって悪魔のイメージがあります。しかし実際に外で起きていることは、クラウドであったり、モバイルであったりと、イノベーティブなことが多いのです。逆に企業内では、いつまでも古臭い中世のシステムが残り、それを使うように社員に強いているのではないでしょうか?」(友岡氏)

 たとえば社内でYouTubeが閲覧できないことは、大企業ではよくあるケースだ。まだスマートフォンを利用できない社内システムも多い。「私は、壁があるITこそがシャドーであり、壁の外にこそサニーサイドのIT、すなわち未来があると考えています」と、逆転の発想を唱える。

【次ページ】 手に入れたものは単なる情報でなく、自由

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのセミナー

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのトピックス

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!